ベトナム オフショア開発コストを抑えるため知るべきこと

LINEで送る
Pocket

 

ベトナムのオフショア開発を選択する一番の理由は、それなりの質の開発力で低価格に抑えられるという利点があるからではないだろうか。

ベトナム オフショア開発の人月単価は、例えば、「ベトナム オフショア開発」と検索するなど調べてみると約25万円とあるが、現状確かにそのくらいだろうと感じる。国別に単価をみると、高い順から、インド = 中国 > ベトナム > フィリピン > ミャンマーといった順番になる。

ベトナムのオフショア開発業者は、上記の中でも比較的日本語が得意なため、コミュニケーションが容易でそれなりのコストという点で、日本の企業にとっては扱いやすい開発委託先といえる。戦略的に正しいかどうかは別として、昨今日本市場をターゲットとして日本語力向上に勤しむベトナムのオフショア開発業者は多いと感じる。

費用の観点からみると、日本語ができるというプレミアムが乗る可能性はあるが、ベトナム オフショア開発市場はレッドオーシャン化しているので、クライアントを囲い込みたいがために当初はコストが予想よりも低くなる可能性もある。

以下3点は、発注の際のコストについて気を付ける点、低価格に抑えるために事前に知っておいた方が良いだろうと思われる点だ。

 

1. 日本人・日本の拠点がどのくらい関わっているかを知る

必ずしも悪いことではないが、日本人のような単価の高い開発者・コーディネーターなどが入ることで、当然ながら全体の費用は上がる。また、日本に拠点を持って営業活動をしている場合もその分の固定費を賄う必要がある。

理想的なのは、日本語を理解するブリッジSEやコミュニケーター含め全員がベトナムに住むベトナム人であることで、これが最も価格を抑えることができるコスト構造であるといえる。

一番の問題点は、そのような開発業者を探すことが容易では無いということだが、例えば、日本人の代表者の方一人 (もしくは少人数) で現地で開発拠点を創り上げて日本には営業拠点を置かないケースなどは、ある程度調べれば見つけられるのではないだろうか。

 

2. 要件毎の積み上げ価格での交渉ではなく予算内に収めてもらう

これは開発案件全般の話になるが、要件毎の積み上げでかつ対応の上振れバッファーなども入れ込んでいくと (要件追加も想定するなど)、思ったよりも価格が高くなる。

開発業者側からすると損をする危険を避け、ある程度ロジカルな説明にはなるのかもしれないが、要件毎の作業時間が仮定であり、バッファー分も常に必要なわけではないため、依頼する側からすると不利になる。

個別の要件毎に交渉をするのではなく、予算を先に提示した上で、その中でどこまでやれるかを詰め込んでいくことが必要となる。

 

3. 最初の価格は安いが後々コストが上昇するリスクを理解する

クライアントを囲い込みたいがために当初は想定よりも低価格だが、その後、元を取ろうとする動機がどうしても発生する。長期でのラボ型開発などで契約している場合などはまだ酷くはないのかもしれないが、単発の場合には発生する可能性が高い。なんらかの理由で当初の価格が大きく下げられた際には要注意だろう。

囲い込まれることを避け、他の業者にも移れる環境をつくっておくのが懸命だ。もちろん上記の通り、長く付き合うことでコストを上げないようにすることも可能で、その方法が一番良いのだが、お互い状況がいつ変化するかわからない中では、いくつかのオプションを持つことは常に必要だろう。

 

————————————————–
【11/9/2015 追記】

ベトナムオフショア開発を知る上で、よく纏まっている情報がありましたので共有します。

ベトナムでWeb開発する時に知っておきたい20のポイント – Geek Dojo Kurashiki

————————————————–
【8/20/2015 追記】

実際に一緒に仕事をした委託先で信頼のおける ベトナム オフショア開発 (モバイルアプリ・ウェブサービスの開発) の企業を紹介することができます。

興味のある方は お問い合わせフォーム よりご連絡ください。

 

LINEで送る
Pocket