台湾主要ECモール取り扱い商品件数・商品カテゴリー比率

LINEで送る
Pocket

台湾 EC 関連記事

 

台湾の価格比較サイト’EZprice 比價網’が、2013年1月時点での台湾主要ECモール取り扱い商品件数について比較したグラフを発表しています。

最も取り扱い商品件数の多いモールはPChomeで約76万件、次いで台湾版アマゾンともいわれる博客來が約63万件、Yahoo!台湾 (購物中心) が約50万件と続きます。

ただ、楽天日本の取り扱い商品件数は1億3,000万件ほどありますので、桁が違い過ぎで本当だろうかと思ってしまいます。

他にも、Yahoo!台湾の購物中心はあるのですが、超級商城が無かったり、また、楽天台湾は7netよりは取り扱い商品件数は多いと思うのですが、入っていなかったりと、少々抜けがあるように思えますが、比較されているモールでの相対的な比較としては参考になるかと思います。

台湾主要ECモール取り扱い商品件数・商品種類比率 1

 

次のグラフでは、取り扱い商品件数の増加率を比較しているのですが、同じくPChomeの伸びが目立ちます。Yahoo!台湾はこの中では最下位になっています。

台湾ECモール収入比較 – Yahoo!とPChomeで全体の5割弱」でもご説明したYahoo!とPChomeは台湾ECモールのツートップなのですが、このグラフを見る限り、Yahoo!の鈍化に対してPChomeは明らかに勢いづいていているようです。

台湾主要ECモール取り扱い商品件数・商品種類比率 2

 

以下のグラフは、Yahoo!台湾、PChome、momoの3つのECモールの取り扱い商品カテゴリー比率になります。

Yahoo!の強みは、アパレル・ファッション関連商品が入る流行カテゴリーが充実しているところ、PChomeは3C電子商品カテゴリーが相対的に強いモールです。momoは比較的若いユーザーが多いモールですが、アパレル・ファッション関連商品の流行と生活百貨カテゴリーを中心 (全体の8割) とした商品構成になっています。

台湾主要ECモール取り扱い商品件数・商品種類比率 3

台湾主要ECモール取り扱い商品件数・商品種類比率 4

台湾主要ECモール取り扱い商品件数・商品種類比率 5

 

出典 :  台灣前十大購物平台商品數排行榜-2013年1月 – EZprice 公關室

 

台湾 EC 関連記事

合弁解消後の楽天台湾の進む先、画像共有ファッションSNSを開始

アジア市場向けECサイト構築・運用コンサルティング

台湾ECモール収入比較 – Yahoo!とPChomeで全体の5割弱

ファッションEC「 lativ 」から台湾ECでの価格設定を考える

「越境EC」をテーマとした講演資料を公開します

台湾アパレル・ファッションEC市場規模に関する図

台湾ファッションEC市場は数百億台湾ドル市場

台湾EC市場の7割はYahoo!とPChomeで占めている

2012年も台湾EC市場規模は二桁成長を維持

台湾EC市場の現状 – 大手企業がECを行なっていない理由とは

台湾から中国大陸EC市場への参入について

台湾EC市場で求められる決済方法とは

ファッションECにおける台湾ユーザーの購買行動

楽天台湾、成長の鍵を握る3つの分野とは

台湾の大手アパレル・ファッションEC 68選

台湾アパレル・ファッションEC事例 – lativ、東京著衣

台湾ECの市場規模・平均購買単価 – 市場の伸びは20%を維持

台湾ECに関するデータ – 市場規模・利用ユーザーなど

台湾市場へのEC進出について – 決済手段多様化の重要性

 

LINEで送る
Pocket

Comments

comments