ロケットインターネット投資で急成長のZaloraとLazada

ロケットインターネット (Rocket Internet) が年末までにIPO実施の計画を進めている。ロケットインターネットの使命は、米国・中国以外で世界最大のインターネットプラットフォームを創…

 

Ahead of Rocket Internet IPO, here are the numbers on its Southeast Asian ecommerce stores 1

ロケットインターネット (Rocket Internet) が2014年末までにIPO実施の計画を進めている。

ロケットインターネットの使命は、米国・中国以外で世界最大のインターネットプラットフォームを創り出すことである。アジアにおいて同社はシンガポールからミャンマー、インドネシア、インドに至るまで様々なスタートアップへ投資・運営をしている。

ロケットインターネットの東南アジアにおけるポートフォリオには、Zalora、Lazada、Carmudi、FoodPandaなど、消費者にとって馴染みのあるBtoCサービスも含まれている。この中でアジアで急成長しているECプラットフォームである Zalora と Lazada について注目したい。

 

Ahead of Rocket Internet IPO, here are the numbers on its Southeast Asian ecommerce stores 2

ZaloraはファッションECのプラットフォームであり、東南アジア6カ国 (人口約5億3,300万人) で展開し現地店舗を構えている国もある。Nike、Levis、Aldo、Mangoなど世界的なブランドの他にプライベートブランドとそれぞれの国で現地ブランドを販売している。

Zaloraはオンライン広告はもちろんだが、存在感のあるオフラインでのイベントや屋外広告なども展開している。初年度である2012年にZaloraは9,500万USドルの損失を計上したが、2015年までに黒字転換する予定だ。2013年までにZaloraは160万の登録ユーザーを獲得している。

ユーザーの約70%は女性で主な年齢層は18~35歳である。現時点の月間訪問数は1,700万、Facebookページのファン数が480万、ニュースレター購読者が600万おり、トラフィックの33%はモバイル端末からである。

売上の3分の1は自社プライベートブランドの商品であり、Zaloraは東南アジア一帯に7つの倉庫を構え、平均配送期間は2日である。また、購入者の90%は商品代引き (COD) での支払いを希望している。

Zaloraは、Rocket InternetやKinnevikの他にも、Summit Partners、Verlinvest、JP Morganなど数社からの支援も受けている。

Zalora 関連記事 :
ファッションECサイト ZALORA のタイEC市場での動向
シンガポールでメジャーなECサイト15選
マレーシアECサイト・モールが実際に提供している決済方法とは
ファッションECのZALORAが過去半年で200億円以上を調達
ファッションEC ZALORAがインドネシアで即日配送とリワードを開始
ファッションEC事例「ZALORA」 – アジア8カ国の商品価格帯

 

Ahead of Rocket Internet IPO, here are the numbers on its Southeast Asian ecommerce stores 3

Lazadaは総合的な品揃えのECプラットフォーム、2012年2月にローンチし、香港、タイ、ベトナム、フィリピン、インドネシア、シンガポール、マレーシアに展開している。

Lazadaは東南アジアで最大のEC事業者であり、2014年第1四半期で訪問数7,900万、Facebookページのファン数が690万となっている。現在、96万7,000人のアクティブなユーザーがおり (購買ユーザーという意味か?) 、トラフィックの35%はモバイル端末からである。

ECプラットフォームには2,000以上のアクティブセラーがおり、商品品揃えの充実や価格競争につながっている。Lazadaの売上をカテゴリ別にみると、ライフスタイル関連が39%、電子機器が38%、健康・美容関連が14%、ファッション関連が7%を占めている。

Lazadaは2014年にこの地域で急成長しているファッションブランドを買収しLZDという自社プライベートブランドをローンチさせファッション関連カテゴリを成長させるという。

Zaloraと同様、Lazadaの購入者も圧倒的に商品代引き支払いを希望しており、最も好まれているタイでの比率はなんと100%、最も比率の低いインドネシアでも70%が希望している。実際にLazadaで商品を購入してみると、購入プロセスの中で代引き支払いがデフォルトの支払い方法になっているなど、代引きを推している感がある。

Lazadaは、Rocket InternetやKinnevikの他にも、Holtzbrinck Ventures、Tengelmann Ventures、Verlinvest、Summit Partners、Tesco、JP Morganなど数社からの支援を受けている。

Lazada 関連記事 :
シンガポールでメジャーなECサイト15選
マレーシアECサイト・モールが実際に提供している決済方法とは

 

出典 : Ahead of Rocket Internet IPO, here are the numbers on its Southeast Asian ecommerce stores – Tech in Asia | August 12, 2014

 

マレーシアECサイト・モールが実際に提供している決済方法とは

マレーシアにおけるEC決済については、国内ECではクレジットカード、銀行振込みと代金引換(COD)、越境ECではクレジットカードとPayPalが主にユーザーが好んで使っている決済方法とあり、シンガポールとほぼ同じ …

 

シンガポールEC決済はカードと銀行振込が必須、越境ECはPayPalも」では、シンガポールにおけるEコマースでの主な決済方法について説明をしました。

Payvisionの調査レポート「Cross-Border eCommerce in Asian Markets: Singapore and Malaysia」によると、マレーシアにおけるEC決済については、国内ECではクレジットカード、銀行振込みと代金引換 (COD)、越境ECではクレジットカードとPayPalが主にユーザーが好んで使っている決済方法とあり、シンガポールとほぼ同じ状況です。

マレーシアECサイト・モールが実際に提供している決済方法とは 1

次に、マレーシアの主なECサイトやECモールでは実際にどのような決済方法を提供しているのでしょうか。以下が2013年11月時点での各サイトの対応状況です。

マレーシアECサイト・モールが実際に提供している決済方法とは 2上部略称は右記のとおりです。
AA = AirAsia、GSC = Golden Screen Cinemas、LZ = Lazada、ZR = Zalora、IPM = ipmart.com、
SB = Superbuy、PL = Poplook.com、RT = Rakuten、GP = Groupon、LS = LivingSocial

各サイトがどのようなサービスかについては「マレーシアのECサイト・プラットフォームをカテゴリ別に網羅」を参照ください。

マレーシアECサイト・モールが実際に提供している決済方法とは 3

上グラフは、各決済方法が実際にいくつの上記ECサイト・モールで提供されているか (「Yes」の数) を単純にまとめたものです。

前述のマレーシアEコマースでユーザーに使われている決済方法の傾向とよく似ています。オンラインバンキング・銀行振込み (ATM支払い含む) とクレジットカードは、マレーシアのECサイトとしては必ず提供しなければならない決済方法でしょう。

ただ、シンガポールよりもニーズの高かった代金引換 (COD) が2社しか対応していないというのは気になるところです。物流会社に支払う手数料の高さなど、あまりECサイト側では扱いたがらない理由があるのかもしれません。

比較的多くの決済方法を用意している Lazada と ZALORA の現時点での決済画面は以下の通りです。代金引換 (COD / Cash on Delivery) に対応しているのはロケットインターネットが出資しているこの2社になります。

マレーシアECサイト・モールが実際に提供している決済方法とは 4

マレーシアECサイト・モールが実際に提供している決済方法とは 5

 

>> 統計データ に関連する他の記事
>> マレーシア に関連する他の記事

 

出典 :
Cross-border e-commerce in Singapore and Malaysia – ecommerce.milo
What payment methods should you accept as an online merchant? – ecommerce.milo

 

シンガポールEC決済はカードと銀行振込が必須、越境ECはPayPalも

シンガポールECでのオンライン決済について、国内ECではクレジットカードと銀行振込み、越境ECではクレジットカードとPayPalが主に使われています。人口が少ないこともありシンガポールでのクレジットカード普及率は …

 

Payvisionの調査レポート「Cross-Border eCommerce in Asian Markets: Singapore and Malaysia」によると、シンガポールにおけるEコマースでのオンライン決済について、国内ECではクレジットカードと銀行振込み、越境ECではクレジットカードとPayPalが主にユーザーが好んで使っている決済方法だとあります。

シンガポールEC決済はカードと銀行振込が必須、越境ECはPayPalも

人口が少ないこともありシンガポールでのクレジットカード普及率はきわめて高いといわれています。HSBC Credit Card Monitoring Survey 2012によると、一人あたりの平均クレジットカード保有枚数は3.3枚とあり、日本クレジット協会が発表している日本の平均保有枚数3.1枚を上回っています。

クレジットカード決済が必須というのは予想通りの結果ではありますが、シンガポール国内での決済では銀行振込み (おそらくオンラインバンキング支払いも含む) の比率も高いことから、カードのみではなく銀行口座からの振込み (ATM・オンラインともに) にもEC決済は対応させるべきでしょう。

 

>> 統計データ に関連する他の記事
>> シンガポール に関連する他の記事

 

出典 :  Cross-border e-commerce in Singapore and Malaysia – ecommerce.milo

 

シンガポール・マレーシアEC市場での取引の約半数は越境ECが占める

全インターネットユーザーの40%以上がアジア圏に集まっています。東南アジアでは人口6億人のうち約10%の6,000万人ほどがインターネットにアクセスしている状況で、シンガポールとマレーシアはインターネット普及率の …

 

全世界のインターネットユーザーの40%以上がアジア・パシフィック地域に集まっています。東南アジアでみると、人口6億人のうち約10%の6,000万人ほどがインターネットにアクセスしている状況で、シンガポールとマレーシアはインターネット普及率の高い上位2国になります。

シンガポール・マレーシアでのEコマース取引の約半数が越境EC 1

Euromonitorの調査によると、シンガポールとマレーシア両国で東南アジアのEC市場の半分近くを占めるとあります (この資料については別途ご紹介したいと思います) 。EC市場の伸び率は、インドネシアには及びませんが昨年でまだ二桁成長 (マレーシアは20%以上) を維持しています。

シンガポール・マレーシアでのEコマース取引の約半数が越境EC 1

 

シンガポール・マレーシアEC市場の特徴 – 越境ECが取引の約半数を占める

シンガポールやマレーシアなど、国内市場が米国・日本・中国などよりも比較的小さく、一人あたりのGDPのそれなりに高い国のEC市場の特徴として、ユーザーが海外のECを多く活用するということがあります。

Payvisionの調査レポート「Cross-Border eCommerce in Asian Markets: Singapore and Malaysia」によると、シンガポールでのEコマース取引の55%が越境ECであり、マレーシアも約40%が越境ECでの取引となります。おそらく香港も似た状況だと思いますが、国内需要が豊富な日本からすると考えられない数字ではないでしょうか。

以下の表はどの国のECで購入またはどの国のユーザーに販売しているかをまとめたものですが、購入先の国としては米国が多く次いで中国となっています。販売先の国としては、米国、東南アジア、オーストラリアなど比較的分かれるようです。

シンガポール・マレーシアでのEコマース取引の約半数が越境EC 3

 

>> シンガポール に関連する他の記事
>> マレーシア に関連する他の記事

 

出典 :  Cross-border e-commerce in Singapore and Malaysia – ecommerce.milo

 

台湾EC市場で求められる決済方法とは

台湾ECにおける決済手段多様化の重要性について、以前の記事でお話しました。台湾ではクレジットカードは日本ほどは浸透してないものの、アジア諸国の中では所有率は高い方です。ただし、若い世代では当然カードの所有率は落ち …

台湾市場へのEC進出における決済手段多様化の重要性」について、以前の記事でお話しました。台湾ではクレジットカードは日本ほどは浸透してないものの、アジア諸国の中では所有率は高い方です。ただし、若い世代では当然カードの所有率は落ちるため、代替としてのEC黎明期から引き続き利用され続けているATM支払い・銀行振込も決済方法として用意する必要があります。

2011年末の財団法人資訊工業策進会 (台湾経済部の外郭団体) の調査においても、台湾ECで利用する決済方法として、クレジットカード (74.6%) がもっとも多く、次いで、ATM支払い・銀行振込 (52.8%)、ネットバンキング振込 (46.4%)、代引き (37.5%)、コンビニエンスストア決済 (32.8%)と続いています。
※ 上記パーセンテージはすべて複数回答での数字

ただし、年代・性別によっても決済方法の好みは変わると思いますので、上記調査のように広い属性で取得したアンケート回答は参考程度になるかもしれません。

上記結果を見ると、コンビニエンスストア決済の比率が少ないのですが、以前行った複数の台湾20代女性へのヒアリングでは、商品の受取りもコンビニでするため、コンビニエンス決済が圧倒的に支持されていました。実は、台湾では9,000店舗以上のコンビニがあり、一説には、一人口あたりの店舗密度が世界一と言われるほどです。

以下のアンケート回答は2012年9月に実施した、日本のファッションを好きな20代の女性を対象としてアンケートの結果です。このように属性を絞るとコンビニエンスストア決済の利用が多いのは一目瞭然です。質問では、「最も多く利用する」決済方法を単一回答で聞いているため、実際の利用者としては以下の数字よりも多いということになります。

特に若い世代をターゲットとしたファッションECを始める場合、コンビニエンスストア決済の導入は必須と言えそうです。

台湾EC市場で求められる決済方法とは

 

>> 統計データ に関連する他の記事
>> 台湾 に関連する他の記事