2014年米国物販EC市場規模 伸び率 EC化率 モバイル率

eMarketerの調査によると、2013年の米国小売り市場規模は4兆5,330億USドル (約544兆円) で伸び率は4.2%、小売りEC市場規模は2,633億USドル (約32兆円) で伸び…

 

eMarketerの調査によると、2013年の米国小売り市場規模は4兆5,330億USドル (約544兆円) で伸び率は4.2%、小売りEC市場規模は2,633億USドル (約32兆円) で伸び率は16.9%となった。

171446[米国 小売り市場規模・伸び率 2012-2018  Trillion USD]

 

同社の2014年の予想では、小売りEC市場規模は3,041億USドル (約36兆円) に達し伸び率は15.5%となる。EC化率は2013年実績で5.8%だが、その後成長を続け、2014年は6.4%、2018年には8.9%にまで達する見込み。

経済産業省による同年の日本のEC (小売り / 物販系) 市場規模実績は6.8兆円のため、以下は米国の数字は予想ではあるものの、約5.3倍の市場規模の差があると考えられる (1USドル=100円で計算すると約4.5倍)。

アパレル・ファッションEC市場規模の伸びは米国でも顕著」にある約1年前の予想と比較すると、2014年の小売りEC市場規模は4.9%、2016年は8.5%上方修正されている。

171448[米国 小売り市場規模・伸び率 (チャネル別) 2012-2017  Billion USD]

171450[米国 小売りEC市場規模・伸び率 他 2012-2018  Billion USD]

 

小売りモバイルコマース市場規模は、2013年実績で421億USドル (約5兆円) 、前年比70%と急成長している。eMarketerの2014年の予想では、伸び率は37.2%の578億USドル (約7兆円) となり小売りEC市場規模の1/5を占め、小売り市場規模全体の1.2%となる。

タブレットが加速させる米国モバイルコマース市場」にある約1年前の予想と比較すると、2014年の小売りモバイルコマース市場規模は1.9%、2016年は1.4%上方修正されている。

171508[米国 小売りモバイルコマース市場規模・伸び率 他 2012-2018  Billion USD]

 

>> 米国 EC モバイル 統計データ

 

出典 : Total US Retail Sales Top $4.5 Trillion in 2013, Outpace GDP Growth – eMarketer | April 10, 2014

 

2014年アジアのインターネット広告市場は30%上昇

eMarketerによると、2014年のアジア・パシフィック地域におけるインターネット広告市場規模は30.3%上昇し、465億9,000万USドルになると見込まれている。2012年から同地域はイ…

 

eMarketerによると、2014年のアジア・パシフィック地域におけるインターネット広告市場規模は30.3%上昇し、465億9,000万USドルになると見込まれている。

2012年から同地域はインターネット広告市場規模において、北米地域に次いで2番目に大きいシェアを誇っている。この傾向は2016年まで続き、2017年にはアジア・パシフィック地域はシェア36.9%と北米地域の35.7%を上回ると予想されている。

2014年世界B2C EC市場規模は150兆円 アジアが最大規模」にて、2014年にはB2C EC市場規模でアジア・パシフィック地域が北米地域を上回るだろうと予想しているが、その3年後にインターネット広告市場でも同じことが起きるようだ。

182644

 

アジア・パシフィック地域に絞って見ていくと、2014年には中国のシェアが50.9%と同地域の市場規模の半分以上を占め、次いで、日本 (19.5%) 、オーストラリア (9.7%) と続いている。

同地域においてインターネット広告市場規模が最も伸びているのがインドネシアで、2014年で98.0%と急成長しており、この傾向は以降も続いていくと予想されている。

インドネシアではオフライン広告への支出がまだまだ盛んだが、インターネットユーザーやスマートフォン利用者の数が急成長しているだけに、インターネットへの広告費シフトが起きると考えられている。

182990

 

出典 : APAC Digital Ad Spending to Jump Over 30% This Year – eMarketer | December 11, 2014

 

2014年世界モバイル広告市場は大幅上昇 – 流れはFacebookに

eMarketerの試算によると、2013年に105.0%と2倍以上増加した全世界のモバイル広告市場は、2014年も引き続き75.1%と高い伸び率を記録し約315億ドルとなると予想されています。これは2014年の …

 

eMarketerの試算によると、2013年に105.0%と2倍以上増加した全世界のモバイル広告市場は、2014年も引き続き75.1%と高い伸び率を維持し約315億ドルとなると予想されています。これは2014年の全インターネット広告市場の1/4ほどになります。

2014年世界モバイル広告市場は大幅上昇 - 流れはFacebookに 1

以下のグラフは、「世界モバイル広告市場シェア過半を占めるGoogle、2位はFacebook」にある2013年6月のeMarketerの予想です。

世界モバイル広告市場シェア過半を占めるGoogle、2位はFacebook 1

そして、以下のグラフは、上記から9ヶ月後の2014年3月の同社予想になります。

2014年世界モバイル広告市場は大幅上昇 - 流れはFacebookに 2

9ヶ月経った後の違いとしては、2013年予想でGoogleのシェアが55.97%から49.3%と7ポイントほど減少し、Facebookが12.90%から17.5%と4.5%シェアが増加しています。

次に、2014年予想の前年比をみると、Googleはシェアをさらに前年比2.5%落とし、Facebookは約4%上げています。

GoogleとFacebook以外のシェアは引き続き1桁前半であることを考えると、現状の見方として、流れは完全にFacebookへと移っているといえるでしょう。2011年にはゼロだったFacebookのモバイル広告のシェアが3年で2割を超えると予想されることは驚くべきことです。

未だGoogleが市場の半分近くを独占している状況ですが、3年後にはシェアが大きく変わっているかもしれません。

 

>> 統計データ に関連する他の記事
>> モバイル に関連する他の記事

 

出典 :  Driven by Facebook and Google, Mobile Ad Market Soars 105% in 2013 – eMarketer

 

2014年世界B2C EC市場規模は150兆円 アジアが最大規模

eMarketerの予測によると、2014年の全世界のB2C EC市場規模は前年比20.1%増の1兆5,050億USドル、日本円で約150兆円に達する (小売り以外のサービスの売上も含む) 。成…

 

eMarketerの予測によると、2014年の全世界のB2C EC市場規模は前年比20.1%増の1兆5,050億USドル、日本円で約150兆円に達する (小売り以外のサービスの売上も含む) 。

成長の要因としては、エマージング市場でのモバイルユーザーやモバイルコマース市場の伸び、配送物流と決済選択肢の進展、メジャーブランドの海外市場への展開が挙げられる。

2014年は初めてアジア・パシフィック地域がEC市場規模5,252億USドルと北米の4,826億USドルを上回り、地域別で最大規模となると予想されている。

2014年全世界B2C EC市場規模が150兆円に - アジア圏が最大規模 1

 

本記事は一年前の同eMarketerによる調査結果「今年2013年にはアジアがEC市場規模で最大の地域となる」の更新となるが、2013年にはアジア・パシフィック地域は北米地域を抜くことができなかったようで、世界最大規模の地域となるのは今年2014年に持ち越されたようだ。

2014年全世界B2C EC市場規模が150兆円に - アジア圏が最大規模 2

 

国別のEC市場規模をみると、アジアの大半は中国がおさえており、2017年までに市場の約3/4を占めると予想されている。2016年には米国を上回り中国が国別で最大規模となるだろう。

中国以外にもインドやインドネシアの市場規模の成長は著しく、アジアの圧倒的な市場規模拡大を牽引しているのがわかる。

日本は2013年にマイナス成長になっておりその後も大きな成長は無い。米国は既に大きな市場規模であるにも関わらず安定して二桁成長を続けると予想されている。

2014年全世界B2C EC市場規模が150兆円に - アジア圏が最大規模 3

 

>> 統計データ に関連する他の記事

 

出典 : Global B2C Ecommerce Sales to Hit $1.5 Trillion This Year Driven by Growth in Emerging Markets – eMarketer | February 3, 2014

 

米国ファッションECにおけるモバイルシフトに関するデータ

米国ではスマートフォン・タブレットがEコマースの主役になりつつあります。eMarketerによる、米国のアパレル・アクセサリー小売りによるファッションECでのトラフィック(アクセス数)と売上のデータをデバイス別に …

 

米国ではスマートフォン・タブレットがEコマースの主役になりつつあります。

米国ファッションECにおけるモバイルシフトに関するデータ 1

 eMarketerによる、米国のアパレル・アクセサリー小売りによるファッションECでのトラフィック (アクセス数) と売上のデータをデバイス別に見てみると、2012年から2013年にかけて、デスクトップのトラフィックが20%近く落ち、スマートフォンとタブレットが約50%上昇しています。

売上については、デスクトップの落ちは8%ほどですが、スマートフォンとタブレットは60%以上も大きく上昇しています。

2013年でデスクトップのトラフィック比率が59%ですので、おそらく2014年にはスマートフォン・タブレットのモバイルデバイス経由のアクセスが全体の半分を超えるでしょう。

ファッションECの閲覧についてはモバイルデバイス経由がマジョリティになるかと思いますが、売上比率についてはまだ80%がデスクトップ経由ですので、見るのはモバイルデバイス、買うのはデスクトップという購買行動はまだ大きくは変わっていないようです。

ただ、タブレットの売上比率は約15% (スマートフォンの3倍以上) と伸びてきていることから、今後、購買についても特にタブレットの躍進については注目すべきところです。

米国のECにおけるスマートフォン・タブレットの影響は引き続き大きい」にあるケースでは (データ取得月はともに2013年11月)、タブレット・スマートフォン両方で15%、対象を小売り事業者に絞ると18%でしたので、これらのパーセンテージあたりがほぼ平均ではないでしょうか。

米国ファッションECにおけるモバイルシフトに関するデータ 2

モバイルデバイス経由の売上は伸びているものの、まだデスクトップを超えるところまで見えていない理由について、アンケート結果が出ています。

米国のタブレット所有者に、タブレット経由で買い物をしない理由について聞いたのですが、一番が、デスクトップのブラウザほど、まだタブレットでのショッピング体験は追い付いていないこと、次に、決済方法がタブレットに最適化されていないこと、商品画像が小さいこと、と続きます。

これらの理由は、簡単ではないものの改善が無理というものではありません。実際に、ファッション・アクセサリーのフラッシュセール大手 GILT は、スマートフォンとタブレットのショッピング体験を別物として設計し、ユーザーのショッピング体験を満足させています。

タブレットが加速させる米国モバイルコマース市場」にある通り、ファッション関連に限らず、タブレットはモバイルコマース市場を牽引しています。今後さらにどこまで伸びていくかが楽しみです。

 

出典 :  Apparel Shoppers Grab Their Tablets – eMarketer