2014年アジアのインターネット広告市場は30%上昇

eMarketerによると、2014年のアジア・パシフィック地域におけるインターネット広告市場規模は30.3%上昇し、465億9,000万USドルになると見込まれている。2012年から同地域はイ…

 

eMarketerによると、2014年のアジア・パシフィック地域におけるインターネット広告市場規模は30.3%上昇し、465億9,000万USドルになると見込まれている。

2012年から同地域はインターネット広告市場規模において、北米地域に次いで2番目に大きいシェアを誇っている。この傾向は2016年まで続き、2017年にはアジア・パシフィック地域はシェア36.9%と北米地域の35.7%を上回ると予想されている。

2014年世界B2C EC市場規模は150兆円 アジアが最大規模」にて、2014年にはB2C EC市場規模でアジア・パシフィック地域が北米地域を上回るだろうと予想しているが、その3年後にインターネット広告市場でも同じことが起きるようだ。

182644

 

アジア・パシフィック地域に絞って見ていくと、2014年には中国のシェアが50.9%と同地域の市場規模の半分以上を占め、次いで、日本 (19.5%) 、オーストラリア (9.7%) と続いている。

同地域においてインターネット広告市場規模が最も伸びているのがインドネシアで、2014年で98.0%と急成長しており、この傾向は以降も続いていくと予想されている。

インドネシアではオフライン広告への支出がまだまだ盛んだが、インターネットユーザーやスマートフォン利用者の数が急成長しているだけに、インターネットへの広告費シフトが起きると考えられている。

182990

 

出典 : APAC Digital Ad Spending to Jump Over 30% This Year – eMarketer | December 11, 2014

 

2014年世界モバイル広告市場は大幅上昇 – 流れはFacebookに

eMarketerの試算によると、2013年に105.0%と2倍以上増加した全世界のモバイル広告市場は、2014年も引き続き75.1%と高い伸び率を記録し約315億ドルとなると予想されています。これは2014年の …

 

eMarketerの試算によると、2013年に105.0%と2倍以上増加した全世界のモバイル広告市場は、2014年も引き続き75.1%と高い伸び率を維持し約315億ドルとなると予想されています。これは2014年の全インターネット広告市場の1/4ほどになります。

2014年世界モバイル広告市場は大幅上昇 - 流れはFacebookに 1

以下のグラフは、「世界モバイル広告市場シェア過半を占めるGoogle、2位はFacebook」にある2013年6月のeMarketerの予想です。

世界モバイル広告市場シェア過半を占めるGoogle、2位はFacebook 1

そして、以下のグラフは、上記から9ヶ月後の2014年3月の同社予想になります。

2014年世界モバイル広告市場は大幅上昇 - 流れはFacebookに 2

9ヶ月経った後の違いとしては、2013年予想でGoogleのシェアが55.97%から49.3%と7ポイントほど減少し、Facebookが12.90%から17.5%と4.5%シェアが増加しています。

次に、2014年予想の前年比をみると、Googleはシェアをさらに前年比2.5%落とし、Facebookは約4%上げています。

GoogleとFacebook以外のシェアは引き続き1桁前半であることを考えると、現状の見方として、流れは完全にFacebookへと移っているといえるでしょう。2011年にはゼロだったFacebookのモバイル広告のシェアが3年で2割を超えると予想されることは驚くべきことです。

未だGoogleが市場の半分近くを独占している状況ですが、3年後にはシェアが大きく変わっているかもしれません。

 

>> 統計データ に関連する他の記事
>> モバイル に関連する他の記事

 

出典 :  Driven by Facebook and Google, Mobile Ad Market Soars 105% in 2013 – eMarketer

 

Facebook広告の業界別・タイプ別パフォーマンスと平均コスト

Facebook広告をタイプ別に平均CTR、平均CPC、平均CPMで比較すると、場所へのチェックイン情報がユーザーのニュースフィードに表れる広告が、平均CTR3.20%で最も高い率となりました。平均CPCは最も低 …

 

eMarketer

Salesforce社が提供している Salesforce Social.com が2013年1月から3月に全世界で得た100万広告、1,140億インプレッションのFacebook広告の統計が、”The Facebook Ads Benchmark Report” として発表されました。

Facebook広告をタイプ別に平均CTR、平均CPC、平均CPMで比較すると、Sponsored place check-in story (場所へのチェックイン情報がユーザーのニュースフィードに表れる広告) が、平均CTR3.20%で最も高い率となりました。

平均CPCは最も低い0.04ドルで平均CPMは最も高い6.27ドルと両極端な結果になっていますが、CPCで広告単価を入札する場合に極めて有効な広告タイプです。

続いて平均CTRの高い広告は、Sponsored page post “like” story と Sponsored page post action story とSponsored 関連の広告タイプの効率の良さが目立ちます。

Facebook広告の業界別・タイプ別パフォーマンスと平均コスト 1

次に、業界別に平均CTR、平均CPC、平均CPMで比較すると、通信、出版、小売りの平均CTRが高いものの、平均CPMも高く平均CPCも比較的高い部類に入るため、これらは広告の反応は良いものの単価が高い業界といえます。

平均CPCが低い業界は、ファッションが飛び抜けており、続いて、NPO、テクノロジー、食料・飲料、金融となりますが、そこまで極端にCPCの高低差はありません。

Facebook広告の業界別・タイプ別パフォーマンスと平均コスト 3

次に、業界別に、Facebookページの”like”を獲得する率とコストを比較してみます。

小売り、通信、ファッションが、Facebook広告からFacebookページの”like”を獲得する率が高い結果となっていますが、小売りと通信は、競争が激しいためか、1like獲得あたりの平均コストも同じく高いため、そこまで効率的とは言えないようです。

1like獲得あたりの平均コストが低い業界は、食料・飲料、NPO、テクノロジーとなっています。

Facebook広告の業界別・タイプ別パフォーマンスと平均コスト 2

eMarketerの試算によると、2013年の全世界のFacebook広告市場は約59億ドルに達すると予想されており、今後も20%以上の増加を続け2015年には90億ドル、約1兆円規模の市場に拡大すると推測されています。

 

出典 :
Facebook’s Ad Offerings Show Wide Variation in Price, Performance – eMarketer

 

世界モバイル広告市場シェア過半を占めるGoogle、2位はFacebook

モバイル広告市場でFacebookがシェアを伸ばすも、不動の王者はGoogle、2012年の全世界モバイル広告市場シェアの52%をGoogleは占めており、2013年にはさらにシェアが伸び56%ほどに達する見込み …

 

モバイル広告市場でFacebookがシェアを伸ばすも、不動の王者はGoogle

  • Googleは、2012年の全世界モバイル広告市場シェアの52%を占めており、2013年にはさらに伸び56%ほどに達する見込み
  • 2011年にはゼロだったFacebookのモバイル広告市場シェアは、2012年にはいきなり2位となり、2013年には売上が前年比333%増加して、約13%のシェアを獲得すると予想されている
  • 2013年のシェア予想では、前年比でGoogleは約3.6ポイント、Facebookは約7.5ポイントの増加とFacebookのシェア拡大が目立つが、売上金額で比較すると、Googleが約42億ドル、Facebookが約16億ドルの増加とGoogleが圧倒的に強い

全世界モバイル広告市場シェア 2011 – 2013
世界モバイル広告市場シェア過半を占めるGoogle、2位はFacebook 1

全世界モバイル広告市場規模 2011 – 2013
世界モバイル広告市場シェア過半を占めるGoogle、2位はFacebook 2

 

インターネット広告市場でも依然Googleの強さが目立つ

  • Googleは全インターネット広告市場のおよそ1/3のシェアを占めている。
  • Googleは、2012年にFacebookやMicrosoftなどの影響で若干ポイントを落としているが、2013年にはシェアは回復する見込み、このシェア拡大予想にモバイル広告売上の増加が大きく寄与している
  • インターネット広告市場シェアでもFacebookは2位につけており、2013年にはシェア5%ほどに達する見込み
  • 2011年から2013年でシェア上昇傾向にあるのが、Google、Facebook、Microsoft、IAC、Amazon、Pandora、Twitter、Linkedin、Millennial Media、下降傾向にあるのが、Yahoo!、AOL
  • 2013年にインターネット広告売上を一番伸ばすと予想されているのは Twitter、次いで、Millennial Media、Pandora、Linkedinなど

全世界インターネット広告市場シェア 2011 – 2013
世界モバイル広告市場シェア過半を占めるGoogle、2位はFacebook 3

全世界インターネット広告市場規模 2011 – 2013
世界モバイル広告市場シェア過半を占めるGoogle、2位はFacebook 4

全世界インターネット広告売上伸び率 2012 – 2013
世界モバイル広告市場シェア過半を占めるGoogle、2位はFacebook 5

 

>> モバイル に関連する他の記事
>> Facebook に関連する他の記事

 

出典 :  Google Takes Home Half of Worldwide Mobile Internet Ad Revenues – eMarketer

 

日本の総広告費が2014年に中国に抜かれるとeMarketerが予想

eMarketerのレポートによると、2012年のアジア・パシフィック地域の総広告費は1,459億米ドルで、北米地域に次いで2番めに大きな市場となっています (図1参照)。以前の同社のレポート …

日本の総広告費が2014年に中国に抜かれるとeMarketerが予想

eMarketerのレポートによると、2012年のアジア・パシフィック地域の総広告費は1,459億米ドル (表1参照) で、北米地域に次いで2番めに大きな市場となっています。以前の同社のレポートによると、2014年には、アジア・パシフィック地域の総広告費は北米を越えると想定されています。

国別に見ると、2012年の日本の総広告費は、473米億ドル (1米ドル=80円として約3兆8,000億円、1米ドル87円として約4兆1,000億円) とアジア・パシフィック地域全体の約3分の1を占めますが、今後その割合は落ち続け、2014年には中国に抜かれると予想されています (表2参照)。

ただ、電通の”日本の広告費”にある2011年総広告費は約5兆7,000億円とあり、毎年微減傾向ではありますが、上記の2012年の日本の総広告費とは大きく数字が異なることから、数字の捉え方には注意が必要です。

【表1】
日本の総広告費が2014年に中国に抜かれるとeMarketerが予想 1

【表2】
日本の総広告費が2014年に中国に抜かれるとeMarketerが予想 2

 

出典 :
Japan to Lose Ad Spend Edge to China in 2014 – eMarketer
2011年 日本の広告費 総広告費 – 電通

 

アジア 市場

香港 検索エンジン市場シェア

アジアビジネスにおけるブリッジコーディネーターの幻想

アジアの総広告費が2014年に北米地域を越えるとeMarketerが予想

アジア各国のインターネット人口・普及率推移をグラフ化

2011年日本のEC市場規模は8.5兆円 成長はやや鈍化