モバイルアプリで急成長のショッピング、利用時間帯は

LINEで送る
Pocket

 

Flurry Analyticsによると、2014年のモバイルアプリ利用 (セッション) は前年比76%増加しており、特に、Lifestyle&Shopping、Utilities&Productivity、Messaging Social のカテゴリでは前年比100% (2倍) 以上セッションを増加させている。

ゲームアプリ、メッセンジャーアプリと来て、2014年はショッピングアプリが急成長している。ショッピングアプリ (iOSの場合はLifestyleカテゴリ) のセッションは前年比174%伸びており、Android のみで見てみるとショッピングカテゴリは220%と急増している。

Shopping-Productivity-and-Messaging-Give-Mobile-Another-Stunning-Growth-Year-1

 

米国でのショッピングアプリの利用動向 (対象はアンドロイドアプリのみ、2014年2月) を分析した結果、通勤時間のAM9時、ランチタイムのPM12時、そして、家に戻って落ち着いていたPM8時の3つの時間帯でアプリを長い時間利用していることが分かった。

Shopping-Productivity-and-Messaging-Give-Mobile-Another-Stunning-Growth-Year-2

 

出典 : Shopping, Productivity and Messaging Give Mobile Another Stunning Growth Year – Flurry Insights Blog | January 6, 2015

 

LINEで送る
Pocket

Comments

comments