東南アジアと日米のモバイル・スマートフォン普及状況比較

LINEで送る
Pocket

 

東南アジアEC市場拡大の鍵を握るスマートフォンユーザー」の補足資料として、2014年1月時点での東南アジア (シンガポール、マレーシア、タイ、インドネシアの4ヵ国合計) と日本、米国におけるモバイル・スマートフォンの普及状況などを比較した表を作成しました。

東南アジア・日本・米国のモバイル・スマートフォン状況比較 ※ 上記「東南アジア」の数値は、シンガポール、マレーシア、タイ、インドネシアの4カ国の合計

定義 :
モバイル・インターネット普及率 = モバイル・インターネット利用者数 / 人口
スマートフォン普及率 = スマートフォン利用者数 / 人口
スマートフォンユーザーEC利用率 = スマートフォンユーザーEC利用者数 / スマートフォン利用者数

アジア各国のスマートフォン普及率は「アジアにおけるモバイル (スマートフォン) コマースの実情」を参照

 

東南アジアの数値として、Eコマースなどのインフラが比較的整っているシンガポール、マレーシア、タイと、数値的に大きなインパクトを持つインドネシアの4ヵ国のみを用いているのには賛否があるかと思いますが、当初の事業展開として現実的な国を選択しました。

人口、携帯電話契約者数ともに東南アジア4ヵ国は米国とほぼ同じで日本の倍ほどになります。モバイル・インターネット利用者数は東南アジアの普及率が低いため日本とほぼ同じで、米国はその倍ほどになります。

スマートフォン利用者数は米国>東南アジア4ヵ国>日本とそれぞれ倍々となっています。普及率でみると東南アジア4ヵ国と日本はあまり変わりませんが、米国は普及率が50%を超えています。スマートフォンの普及率は今後米国以外の国も伸びてくると想定されます。

スマートフォンユーザーのEC利用者数 (Mobile Purchase via Smartphone) も同様に米国が最も多いのですが、比率でみると意外にも東南アジア4ヵ国が高く (インドネシアのみだと57%) 、日本と米国がほぼ同じです。

スマートフォン普及率が上がってきた段階で、東南アジアがMobile Purchaseの率を維持できるかは不明です。また、所得がまだまだ低いため市場を形成するもう一つの要因である単価は低いのが現状ですが、今後の経済成長の可能性を合わせてみるときわめて大きな潜在市場があると考えられます。

 

出典 :
Global Digital Statistics Jan 2014 – We Are Social, US Census Bureau, InternetWorldStats, ITU, GlobalWebIndex Wave 11, Our Mobile Planet, GSMA Intelligence

 

LINEで送る
Pocket

Comments

comments