楽天シンガポールにおけるモバイルコマースの重要性

LINEで送る
Pocket

 

Rakuten Asia predicts m-commerce, social shopping growth

楽天はニュースリリースにて、シンガポールでのモバイル端末からの購入金額が11億USドルとなったと発表した。シンガポールでの流通金額全体としては2014年で29億9,000万USドルと予想している。

楽天アジアのディレクターは、「スマートフォン普及率が80%のシンガポールでは、モバイルコマースが成長するために十分な環境が備わっている。AppleがiPhone 6 Plusでファブレット市場に参入し、SamsungもGalaxy Note 4などのファブレットのフラッグシップをローンチし、シンガポールでのモバイルショッピングの更なる拡大につながっていくだろう」と述べた。

モバイルオンリーユーザーの多いアジア・パシフィック地域ではモバイルファーストの考え方が広がっている。楽天は、シンガポールで圧倒的な存在感を誇るC2Cマーケットプレイス (フリマ) モバイルアプリの Carousell への投資を主導している。

楽天は、アジア・パシフィック地域のB2C EC市場規模は、2015年には6,800億USドルに達すると予想している。

 

>> シンガポール に関連する他の記事

 

出典 : Rakuten Asia predicts m-commerce, social shopping growth – e27 | December 12, 2014

 

LINEで送る
Pocket

Comments

comments