インドネシアのECプラットフォーム Qoo10 に関するデータ

LINEで送る
Pocket

インドネシアのECプラットフォーム Qoo10 に関するデータ 1

インドネシアのEC市場規模について参考になりそうなQoo10に関するデータがありました。Qoo10は、韓国のGmarketとeBayのジョイントベンチャーでBtoCとCtoCのECプラットフォームです。

同サービスはシンガポール、日本、インドネシア、マレーシア、中国、香港の6つの市場でサービスを運営しており、商品が売れた段階で7〜12%のコミッションフィーを取得するビジネスモデルです。以下は、Tech in Asia にあるQoo10インドネシアについてのデータです。18ヶ月連続で規模が拡大し続けているようです。

  • 登録メンバー数 :  約40万人
  • 販売加盟店 :  約1万店
  • デイリーユニークビジター :  20万人
  • デイリーページビュー :  70万PVs
  • 登録商品数 :  50万点以上
  • デイリー取引数 :  5,500 〜 10,000取引
  • 上記取引によるデイリー流通総額 (GMV ※) :  75,000 〜 150,000 USドル (約740 〜 1,480万円)

※ GMV Gross Merchandise (Volume total sales dollar value for merchandise sold through a particular marketplace over a certain time frame) を流通総額と理解しました。

流通総額を取引数で割った金額は、13.6 〜 15 USドルのため、1取引あたりの流通金額は凡そ14.3USドル (1,400円ほど) のようです。

デイリーの流通総額を真ん中の112,500USドルとした場合、年間の流通総額は、4,100万USドル (約40億5,000万円)、コミッションフィーを10%とすると、そのうち410万USドル (約4億円) ほどが、ざっくりですがQoo10インドネシアの売上になるのでしょうか。

東南アジアのインターネット・EC・スマートフォン事情」で、インドネシア「現地でNo.1のECサイトの流通総額は300万USドル / 月」とありますが、上記の計算では338万USドルほどとかなりよく似た金額になります。

 

出典 :  Qoo10 Indonesia records 700,000 daily pageviews, embraces merchants in rural areas – Tech in Asia

 

LINEで送る
Pocket

Comments

comments