世界モバイル広告市場シェア過半を占めるGoogle、2位はFacebook

モバイル広告市場でFacebookがシェアを伸ばすも、不動の王者はGoogle、2012年の全世界モバイル広告市場シェアの52%をGoogleは占めており、2013年にはさらにシェアが伸び56%ほどに達する見込み …

 

モバイル広告市場でFacebookがシェアを伸ばすも、不動の王者はGoogle

  • Googleは、2012年の全世界モバイル広告市場シェアの52%を占めており、2013年にはさらに伸び56%ほどに達する見込み
  • 2011年にはゼロだったFacebookのモバイル広告市場シェアは、2012年にはいきなり2位となり、2013年には売上が前年比333%増加して、約13%のシェアを獲得すると予想されている
  • 2013年のシェア予想では、前年比でGoogleは約3.6ポイント、Facebookは約7.5ポイントの増加とFacebookのシェア拡大が目立つが、売上金額で比較すると、Googleが約42億ドル、Facebookが約16億ドルの増加とGoogleが圧倒的に強い

全世界モバイル広告市場シェア 2011 – 2013
世界モバイル広告市場シェア過半を占めるGoogle、2位はFacebook 1

全世界モバイル広告市場規模 2011 – 2013
世界モバイル広告市場シェア過半を占めるGoogle、2位はFacebook 2

 

インターネット広告市場でも依然Googleの強さが目立つ

  • Googleは全インターネット広告市場のおよそ1/3のシェアを占めている。
  • Googleは、2012年にFacebookやMicrosoftなどの影響で若干ポイントを落としているが、2013年にはシェアは回復する見込み、このシェア拡大予想にモバイル広告売上の増加が大きく寄与している
  • インターネット広告市場シェアでもFacebookは2位につけており、2013年にはシェア5%ほどに達する見込み
  • 2011年から2013年でシェア上昇傾向にあるのが、Google、Facebook、Microsoft、IAC、Amazon、Pandora、Twitter、Linkedin、Millennial Media、下降傾向にあるのが、Yahoo!、AOL
  • 2013年にインターネット広告売上を一番伸ばすと予想されているのは Twitter、次いで、Millennial Media、Pandora、Linkedinなど

全世界インターネット広告市場シェア 2011 – 2013
世界モバイル広告市場シェア過半を占めるGoogle、2位はFacebook 3

全世界インターネット広告市場規模 2011 – 2013
世界モバイル広告市場シェア過半を占めるGoogle、2位はFacebook 4

全世界インターネット広告売上伸び率 2012 – 2013
世界モバイル広告市場シェア過半を占めるGoogle、2位はFacebook 5

 

>> モバイル に関連する他の記事
>> Facebook に関連する他の記事

 

出典 :  Google Takes Home Half of Worldwide Mobile Internet Ad Revenues – eMarketer

 

台湾ECモール収入比較 – Yahoo!とPChomeで全体の5割弱

Yahoo!台湾とPChomeの収入はほぼ同じで、この2社で全体の5割弱を占めます。「台湾EC市場の7割はYahoo!とPChomeで占めている」とする情報を紹介しましたが、流通総額でみるともっと寡占状態なのかも …

台湾 EC 関連記事

 

台湾の金融グループの一つ富邦集団傘下富邦投顧がまとめた資料の中に、2012年の台灣線上零售商 (台湾オンライン小売り事業者) の手数料収入について纏められた表 (以下ご参照) がありました。

 

台湾ECモール手数料収入 - Yahoo!とPChomeで全体の5割弱

 

ただ、台湾EC市場規模は2011年で3,583億台湾ドル、BtoC市場に絞っても2,053億台湾ドルと、物販だけとしても上図総計640億台湾ドルと大きくかけ離れており、また、上図にあるLativの40億台湾ドルは同社の2011年の売上だったりするので、そのまま鵜呑みには出来ない情報ですが、各ECプレイヤーの比較としては面白いのではないでしょうか。

Yahoo!台湾とPChomeの収入はほぼ同じで抜きん出ており、この2社で全体の5割弱を占めます。以前、「台湾EC市場の7割はYahoo!とPChomeで占めている」とする情報を紹介しましたが、流通総額でみるともっと寡占状態なのかもしれません。

上図にはありませんが、ファッションECの 東京著衣 の2011年売上が10億台湾ドルなので、ほぼ楽天の手数料収入と同じくらいになっているのではないでしょうか。

 

出典 :  富邦投顧

 

台湾 EC 関連記事

合弁解消後の楽天台湾の進む先、画像共有ファッションSNSを開始

台湾主要ECモール取り扱い商品件数・商品カテゴリー比率

アジア市場向けECサイト構築・運用コンサルティング

ファッションEC「 lativ 」から台湾ECでの価格設定を考える

「越境EC」をテーマとした講演資料を公開します

台湾アパレル・ファッションEC市場規模に関する図

台湾ファッションEC市場は数百億台湾ドル市場

台湾EC市場の7割はYahoo!とPChomeで占めている

2012年も台湾EC市場規模は二桁成長を維持

台湾EC市場の現状 – 大手企業がECを行なっていない理由とは

台湾から中国大陸EC市場への参入について

台湾EC市場で求められる決済方法とは

ファッションECにおける台湾ユーザーの購買行動

楽天台湾、成長の鍵を握る3つの分野とは

台湾の大手アパレル・ファッションEC 68選

台湾アパレル・ファッションEC事例 – lativ、東京著衣

台湾ECの市場規模・平均購買単価 – 市場の伸びは20%を維持

台湾ECに関するデータ – 市場規模・利用ユーザーなど

台湾市場へのEC進出について – 決済手段多様化の重要性

 

シンガポールにおけるファストファッション7ブランドの価格帯

ファストファッションブランドの中より、H&M、FOREVER 21、MANGO、TOPSHOP、Bershka、ZARA、そして、UNIQLO の女性アパレル商品の価格帯をプロットしたものです。すべての商品を細か …

シンガポールは、スーパーブランドとファストファッションの密集度が際立って高い都市です。現在シンガポールで一番集客力があるであろうショッピングモール ION Orchard (アイオン オーチャード) には、おそらくアジアではあまり類を見ないほどの種類のファストファッションの店舗が出店しており、ショッピングモール内は平日でもいつも賑わっています。

以下の図は、そこで出店しているファストファッションブランドの中より、H&M、FOREVER 21、MANGO、TOPSHOP、Bershka、ZARA、そして、UNIQLO の女性アパレル商品の価格帯をプロットしたものです。すべての商品を細かくチェックしたわけでは無いのですが、ある程度の傾向は見えてくるのではないでしょうか。

シンガポールにおけるファストファッションの価格帯

1シンガポールドル = 77.18円にて計算

 

>> ファッション に関連する他の記事
>> シンガポール に関連する他の記事

シンガポールにおけるモバイルマーケティング事情

以前シンガポールでのスマートフォン浸透の流れとモバイルECの可能性について触れました。携帯電話普及率は147%と世界でも最高レベル、うちiOSとAndroidでモバイル機器のトラフィックの95%を占めている状況で …

シンガポールにおけるモバイルマーケティング事情 1

シンガポールにおけるモバイルマーケティング事情 2

2012年5月の記事「シンガポールEC市場規模とモバイルコマースの可能性」でも、シンガポールでのスマートフォン浸透の流れとモバイルECの可能性について触れていますが、2012年末の段階で、上図の通り、携帯電話普及率は147%と世界でも最高レベル、うちiOSとAndroidでモバイル機器のトラフィックの95%ほどを占めている状況です。

また、モバイル広告ネットワーク inMobi による2012年11月のレポートでは、既にシンガポールユーザーのデバイス使用時間でモバイル (タブレット含む) がPCを上回っています。

シンガポールにおけるモバイルマーケティング事情 3

2012年11月の調査 (上グラフ) によると、このようなシンガポールユーザーの状況に対応するため、シンガポール市場のマーケッターのうち8割が、モバイル端末はマーケティングチャネルとして今後数年で一番重要なツールであると考えています。

モバイルマーケティングの具体的な施策として実施されているのは、QRコード、モバイルに最適化したeメール、モバイルコマース、SMSキャンペーンなどです。モバイルアプリについてはまだあまりマーケティングには活用されていないようです。

この調査を実施したリサーチ会社の上級職社員によると、 シンガポールでは今後5年間でマーケティング予算の半分以上がモバイル関連に振り分けられ、モバイルマーケティングは、あらゆるデジタルチャネルの中で最も効率的な顧客へのリーチとエンゲージを実現するだろうと予測しています。

 

>> モバイル に関連する他の記事
>> シンガポール に関連する他の記事

 

出典 :
Mobile Marketing Gets Increased Attention in Singapore – eMarketer
In Singapore, Mobile Picks Up More Paid Search Clicks – eMarketer
We Are Social’s Guide to Social, Digital and Mobile in Asia (2nd Edition) – SlideShare

SPA・ファストファッションの次に来る流通モデルとは

ファストファッションとは、品質重視からデザイン鮮度へと視点を移し、かつ低価格を実現しています。トレンドファッションディスカウンターとファストファッションの上質版の2つの流れがファストファッションに続くモデルとして …


ブログ「ファッション流通ブログde業界関心事」で有名なコンサルタント齊藤氏の初出版本「人気店はバーゲンセールに頼らない 勝ち組ファッション企業の新常識」が4月に発売されました。

そこで今回は、SPAからファストファッション、そしてその次のファッションビジネスの向かう先について、本からの引用を中心にまとめました。

SPA・ファストファッションの次に来る流通モデルとは 1

 

SPAの定義

まず、SPAとは、Speciality store retailer of Private label Apparel の略語で、もともとGAP (ギャップ) のファウンダーである故ドナルド・フィッシャー氏 (Mr. Donald Fisher) が自社の業態を指して造った言葉でした。

しかし、現在、英語圏では全く使われておらず、日本では「繊研新聞」が広めたことで、ファッション業界で一般化しています。

よく「製造小売業」と訳されることが多いのですが、本の中ではもっとわかりやすく、「ファッション小売業がリーダーシップを取って、自らの商品企画の主導権を持ち、販売から製造までをコントロールするビジネスモデル」と説明されています。

 

SPAモデルの台頭

従来のファッションビジネスは、アパレルメーカーが主導権を持ち、ブランドのデザイナーがシーズンごとに企画提案する商品を、百貨店や専門店などの小売業が仕入れて顧客に販売するスタイルが主流でした。

しかし、1990年以降、ファッションマーケットが買い手市場となった今、勝ち組と呼ばれる企業のほとんどは、SPAのビジネスモデルを採用しています。

SPA成功の要因としては、メーカー主導のサプライチェーンから店頭起点のディマンドチェーンへとシフトしたこと、従来3〜6ヶ月サイクルの商品開発を週単位で対応できる体制をつくったこと、完全買取りの自社商品とすることで価格決定権を持ったこと、などが挙げられます。

小売業出身のSPAとしては、GAP、H&M、ユニクロ、ローリーズファーム、セシルマクビーなど、アパレルメーカー出身のSPAは、ワールドの各ブランドやコムサイズムなど、工場出身のSPAは、ZARA (ザラ) が代表として挙げられます。

 

第2世代SPAモデル – ファストファッション

スウェーデンのファッション企業 H&M が2000年にニューヨーク・マンハッタン5番街へ出店したときあたりから、ファストファッション (Fast Fashion) という言葉が英語メディアで頻出するようになりました。

ベーシックカジュアル衣料を扱うGAPやユニクロ、ジョルダーノなどは第1世代SPAといわれ、特にファッション性にこだわるH&MやZARAなどは第2世代のファストファッションSPAと分類されます。

ファストファッションとは、その名の通り、上記SPAの成功要因のうち、特に店頭情報をスピード感を持って商品開発に活かす考えが中心にあります。品質重視からデザインの鮮度へと視点を移し、かつ低価格を実現しています。

ZARAは店頭でさしあたり必要な数週間分の商品しかつくらず、在庫をあまり持たずに店頭の鮮度を維持しています。店頭での売上データ、顧客の反応に基づき、売れるものは作り足し、修正が必要なものは店頭の声を収集して改良版を作りますが、この作り足しが生産スタートから世界の店頭に届くまで約15日という驚くべきスピードなのです。

 

ファストファッションに続くモデルとは

「トレンドファッションディスカウンター」と「ファストファッションの上質版」の2つの流れがファストファッションに続くモデルとして、本の中で紹介されています。

トレンドファッションディスカウンターとは、文字通り、ファストファションのさらなる廉価版です。例として挙げられているイギリスのPRIMARK (プライマーク)は、通常のファストファッションの中心価格が19.99ポンド (約3,000円) のところ、10ポンド (約1,500円) がボリューム価格ゾーンとなっています。これは、おそらくH&MやForever21、ZARAのカジュアルラインのBershka の中でも低価格帯の商品の価格となると思います。

H&MやZARAが起こしたファストファッションというファッション流通の革新は、58〜60%と高粗利率のビジネスモデルを実現しました。このディスカウンターは、ファッション鮮度はそのままに、品質を落としボリューム陳列のローコストオペレーションを行うことで粗利率を30%台まで下げつつも規模でカバーするモデルです。

 

次に、ファストファッションの上質版の流れについては、既に、H&M の COS (コス)、ZARA の UTERQUE (ウテルケ)  という新業態が存在しています。これらは、高級ブランドやセレクトショップ並の店舗内装を施した店舗で、通常のファストファッションチェーンと比較して高品質な素材を使っています。

H&Mは全世界的に低価格帯ですが、ZARAは本国から遠いアジアでは比較的高いので、UTERQUE との住み分けをどうするのかが注目されます。既にアジアでは香港に進出しているので、今度価格の比較をしたいと思います。

ファッションの鮮度は高めたままに、価格と品質の幅を別ブランドとして広げていくグローバルファッション小売りチェーンは、調べれば調べるほど死角が無いように思います。最近のユニクロを見ていると、カジュアルベーシックの品質はそのままに、ファストファッションの分野にも進出しているように見えますが、H&MやZARA とどのように世界で戦っていくのかも注目したいところです。

 

>> ファッション に関連する他の記事

 

出典 :  人気店はバーゲンセールに頼らない 勝ち組ファッション企業の新常識 – 齊藤孝浩著