台湾ファッションECサイト「myDress」のFacebook活用事例

今回ご紹介する「myDress」は、ドレス (ワンピース) を商品の主体とした台湾のファッション・アパレル小売店でECサイトも運営しています。 ECは独自ドメインサイトの他にYahoo!奇摩超級商城などECモールにも …

Facebook 関連記事

台湾 EC 関連記事

 

mydress

 

myDress とは

今回ご紹介する「myDress」は、ドレス (ワンピース) を商品の主体とした台湾のファッション・アパレル小売店でECサイトも運営しています。

ECは独自ドメインサイトの他に Yahoo!奇摩超級商城などECモールにも出店しています。「台湾アパレル・ファッションEC事例 – lativ、東京著衣」で紹介した’東京著衣’のようないかにも台湾の若い女性に向けたファッションECというよりも、30代以上も意識した少し落ち着いた雰囲気です (以下の画面のように、それでも中華圏独特の色使いはありますが)。

ボリュームゾーンの価格帯は約3,000円前後と、1,000円ちょっとでだいたい買えてしまう東京著衣よりも比較的高価な品揃えです。

 

myDress ウェブサイト mydress.com.tw
台湾ファッションECサイト myDress のFacebook活用事例 1

 

商品価格帯としては、日本の通販系のファションECの商品と競合するようなところですが、ターゲットとなる台湾の20代後半〜40代女性からすると、高過ぎず安過ぎず、夜市や1,000円ほどがボリュームゾーンのECの商品では物足りず、もう少しランクの上の商品を求めて訪問するサイトだと感じます。

このようなターゲットユーザーへのアプローチについて、myDressはFacebookの活用に積極的です。現在のFacebookページのファン数は約30万人で、東京著衣 (15万人) よりも多く、ファッションEC最大手のlativ (47万人) よりは少ないものの、台湾では比較的多いファン数を保有しています。

Facebookアカウントとひも付けた会員登録 (ソーシャルログイン登録) で300元 (約1,000円) のクーポンを提供 (以下の画面をご参照ください) するなどの施策も恒常的に行なっています。

 

myDress ウェブサイト mydress.com.tw
台湾ファッションECサイト myDress のFacebook活用事例 2

 

さて、以下より、myDress の Facebook活用事例について見ていきたいと思いますが、本事例は、Facebook台湾の広告総代理店である、台湾 cacaFly (カカフライ) 社より提供いただいたFacebookを活用した事例を翻訳した内容になります。

 

Facebook活用事例 – myDress

目的 :

  1. ブランド認知度の向上とFacebookページのファン増加
  2. ECサイトへの新規登録者数とトラフィックの増加
  3. 広告投資や実店舗誘導ディスカウントプロモーションのROI改善

 

施策 :

  • Facebookページへ投稿するコンテンツをファンが望むようなコンテンツに改善
  • どのような内容をFacebookページに投稿すると反応が良いかを徹底的に検証
  • 新商品をFacebookページに掲載し、好きな商品に投票させるなどコミュニケーションを図る
  • Facebook広告も同タイミングで配信し、ファンの友達へのアプローチを強化するなど投稿したコンテンツを効率良く拡散
  • Facebookページ限定プロモーションとして、クーポン (Facebook Offer) を発行

 

結果 :

  • 5日間で140万人 (台湾Facebookユーザーの約10人に1人) にFacebook広告がリーチ
  • 独自ドメインサイトの売上の9割がFacebook経由
  • 8,257人がクーポン (Facebook Offer) を獲得、投資に対するリターンが15倍
  • Facebook広告投資に対するリターンは、リスティング広告の2倍
  • Facebook経由のユーザーの成約率がリスティング広告の4~6倍
  • サイトトラフィックが29%向上、新規登録者数が25%向上

 

myDress Facebookページ
台湾ファッションECサイト myDress のFacebook活用事例 3

 

Facebookページの盛り上がりもそうですが、クーポンによる実店舗への誘導も相まって売上への寄与は大きかったようです。

ECサイトへの誘導数も多く、リスティング広告との比較で広告投資効率が数倍良いというのも、大手のアフィリエイト広告ネットワークが無く、これまでリステイング広告が最も効率的だと思われてきた台湾では、Facebookの活用方法について大きなインパクトがあったのではないでしょうか。

 

出典 :  台湾 cacaFly 社提供 Facebook 活用事例 Nov 2012

20~40代の台湾人有職者の95%以上がFacebookを利用

台湾メディア中時電子報の調査によると、台湾国内25~49才のSNSを利用する有職者の95%以上がFacebookを使っています。「台湾 SNS」にもある通り、 2012年10月時点で台湾のSNS全体の利用者数は約 …

台湾メディア中時電子報の調査によると、台湾国内25~49才のSNSを利用する有職者の95%以上がFacebookを使っています。

20~40代の台湾人有職者の95%以上がFacebookを利用

台湾ソーシャルメディアSNS利用ユーザー数・普及率」にもある通り、 2012年10月時点で台湾のSNS全体の利用者数は約1,294万人ですが、本日7月24日時点での台湾のFacebook登録者数は約1,500万人 (Facebook広告配信数より算出) と、SNS全体の利用者を大きく超えています。

人口1,000万人以上の国に絞った場合、おそらく、台湾はFacebookの普及率が世界で最大の国ではないでしょうか。

 

>> Facebook に関連する他の記事
>> 台湾 に関連する他の記事

 

出典 :  逾95%上班族 愛用臉書 – 中時電子報

楽天台湾が合弁解消後に進む先 – 画像共有ファッションSNSを開始

楽天台湾は、合弁解消後の新たなサービスとして、ファッションSNS ‘O SHa’Re時尚分享網’ の立ち上げを発表しました。しかし、サービスの内容としては、よくある画像共有系のSNSで周回遅れのような感があります …

楽天台湾が合弁解消後に進む先 - 画像共有ファッションSNSを開始 1

楽天は今月、2008年から5年間続いた台湾の統一超商グループ (台湾や上海でセブンイレブンを展開している台湾最大の小売企業) との合弁を解消すると、台湾の中時電子が伝えました。楽天は合弁相手の出資分49%を買取り、今後、楽天台湾は楽天日本の100%小会社となります。ちなみに、楽天台湾の資本金は5.54億台湾ドル (約18.3億円、1台湾ドル = 3.3円で算出) です。

楽天は今年既にインドネシアでの合弁も解消しています。今回の台湾と続いてはいますが、両市場とも業績が悪いからというよりは、独自路線を貫きたい楽天と合弁相手との摩擦が相当強かったのではと考えています。また、統一超商グループは台湾版アマゾンと言われる ‘博客來‘ にも出資しており、楽天が今後力を入れたい電子書籍の分野で一番の競合であるということも関係しているのかもしれません。

 

加速する楽天の独自路線、しかし

楽天台湾は、合弁解消後の新たなサービスとして、ファッションSNS ‘O SHa’Re時尚分享網‘ の立ち上げを発表しました。しかし、サービスの内容としては、よくある画像共有系のSNSで周回遅れのような感があります。

また、日経ビジネスオンラインの記事では、’アパレルECサービス’を開始すると書かれていますが、ウェブサイトを見る限り今現在商品を購入できる機能はありません。ただ、シンガポールの’Clozette‘と提携しているとのことで、先方の画像認識技術を使えるのであれば、今後、楽天台湾内の商品とのひも付けができるかもしれません。

合弁の足枷を外した後、こうした独自の取り組みが加速していくのだと思いますが、台湾での楽天のポジションを考えた時に、もっと振り切ったサービスにしていかないと意味が無いでしょう。

楽天台湾が合弁解消後に進む先 - 画像共有ファッションSNSを開始 2

 

楽天台湾の今後の進む先

楽天台湾が今後進む先の一つのアイデアとしては、モバイルファーストに舵を切ることです。特に今回の’O SHa’Re時尚分享網‘とモバイルの相性は極めて高いですし、同サービスと楽天台湾と連携させることで、スマートフォン普及率の高い台湾では一気にモバイルコマース市場が立ち上がる可能性があります。

楽天台湾、成長の鍵を握る3つの分野とは」にある通り、楽天台湾が力を入れている分野は、食品、ファッション、そして、電子書籍です。既に電子書籍の取り組みは現地で進めているかと思いますが、koboの販売などタブレット端末が主戦場になります。ファッション関連では、FashionGuideやiStyle365愛尚網などいくつかサービスはありますが、いずれもモバイルアプリに最適化されておらず、食品同様、モバイル分野には強力な敵がいません。

台湾モバイルユーザーの約8割が1年以内にモバイルコマースを利用」で台湾モバイルコマース市場の拡大が予想されているものの、実際にはYahoo!やPChomeという二大ECモールが本格的にモバイルファーストに舵を切らないと、なかなか市場が立ち上がらないのが現状だと思います。

これら二強に追い付くためには、楽天はウェブでありきたりのサービスを行うのではなく、彼らに先んじて一気にモバイルに集中すべきではないでしょうか。

 

>> 楽天 に関連する他の記事
>> 台湾 に関連する他の記事

 

出典 :
台灣樂天 引進集團服務 – 中時電子報
統一超商と合弁解消した楽天、台湾でアパレルECサービス「OSHa’Re」開始へ
– 日経ビジネスオンライン

台湾主要ECモール取り扱い商品件数・商品カテゴリー比率

台湾の価格比較サイトEZprice 比價網が、台湾主要ECモール取り扱い商品件数について比較したグラフを発表しています。最も取り扱い商品件数の多いモールはPChome、次いで博客來、Yahoo!台湾 (購物中心) …

台湾 EC 関連記事

 

台湾の価格比較サイト’EZprice 比價網’が、2013年1月時点での台湾主要ECモール取り扱い商品件数について比較したグラフを発表しています。

最も取り扱い商品件数の多いモールはPChomeで約76万件、次いで台湾版アマゾンともいわれる博客來が約63万件、Yahoo!台湾 (購物中心) が約50万件と続きます。

ただ、楽天日本の取り扱い商品件数は1億3,000万件ほどありますので、桁が違い過ぎで本当だろうかと思ってしまいます。

他にも、Yahoo!台湾の購物中心はあるのですが、超級商城が無かったり、また、楽天台湾は7netよりは取り扱い商品件数は多いと思うのですが、入っていなかったりと、少々抜けがあるように思えますが、比較されているモールでの相対的な比較としては参考になるかと思います。

台湾主要ECモール取り扱い商品件数・商品種類比率 1

 

次のグラフでは、取り扱い商品件数の増加率を比較しているのですが、同じくPChomeの伸びが目立ちます。Yahoo!台湾はこの中では最下位になっています。

台湾ECモール収入比較 – Yahoo!とPChomeで全体の5割弱」でもご説明したYahoo!とPChomeは台湾ECモールのツートップなのですが、このグラフを見る限り、Yahoo!の鈍化に対してPChomeは明らかに勢いづいていているようです。

台湾主要ECモール取り扱い商品件数・商品種類比率 2

 

以下のグラフは、Yahoo!台湾、PChome、momoの3つのECモールの取り扱い商品カテゴリー比率になります。

Yahoo!の強みは、アパレル・ファッション関連商品が入る流行カテゴリーが充実しているところ、PChomeは3C電子商品カテゴリーが相対的に強いモールです。momoは比較的若いユーザーが多いモールですが、アパレル・ファッション関連商品の流行と生活百貨カテゴリーを中心 (全体の8割) とした商品構成になっています。

台湾主要ECモール取り扱い商品件数・商品種類比率 3

台湾主要ECモール取り扱い商品件数・商品種類比率 4

台湾主要ECモール取り扱い商品件数・商品種類比率 5

 

出典 :  台灣前十大購物平台商品數排行榜-2013年1月 – EZprice 公關室

 

台湾 EC 関連記事

合弁解消後の楽天台湾の進む先、画像共有ファッションSNSを開始

アジア市場向けECサイト構築・運用コンサルティング

台湾ECモール収入比較 – Yahoo!とPChomeで全体の5割弱

ファッションEC「 lativ 」から台湾ECでの価格設定を考える

「越境EC」をテーマとした講演資料を公開します

台湾アパレル・ファッションEC市場規模に関する図

台湾ファッションEC市場は数百億台湾ドル市場

台湾EC市場の7割はYahoo!とPChomeで占めている

2012年も台湾EC市場規模は二桁成長を維持

台湾EC市場の現状 – 大手企業がECを行なっていない理由とは

台湾から中国大陸EC市場への参入について

台湾EC市場で求められる決済方法とは

ファッションECにおける台湾ユーザーの購買行動

楽天台湾、成長の鍵を握る3つの分野とは

台湾の大手アパレル・ファッションEC 68選

台湾アパレル・ファッションEC事例 – lativ、東京著衣

台湾ECの市場規模・平均購買単価 – 市場の伸びは20%を維持

台湾ECに関するデータ – 市場規模・利用ユーザーなど

台湾市場へのEC進出について – 決済手段多様化の重要性

 

「EC-CUBE海外支援セミナー 大阪」にて講演をします

「EC-CUBE海外支援セミナー」にて、台湾ECに関してお話をさせていただきます。第1回通販ソリューション展でのセミナーに続いてですが、今回は有料セミナーとなっており、越境EC・海外向けECに対する関心が高まって …

ec-cube seminar

 

【2013年7月30日追記】

本日7月30日大阪で開催されたEC-CUBE海外支援セミナーにて講演させていただきました。

プレゼンでもご説明させていただいた台湾ファッションECのFacebook活用事例について、「台湾ファッションECサイト myDress のFacebook活用事例」として記事にしましたのでご覧いただければと思います。

 

 

今月 (7月) 30日に大阪でロックオン社が開催する「EC-CUBE海外支援セミナー」にて、「台湾ECを始めるにあたって必ず覚えておくこと」と題してお話をさせていただきます。

越境ECをテーマとして「第1回通販ソリューション展」にて講演をします」でのセミナーに続いての講演ですが、今回は有料セミナーとなっており、越境EC・海外向けECに対する関心が高まっていることを感じます。

 

弊社以外にも、以下の内容のお話もあります。

  • 日本発のオープンプラットフォーム「EC-CUBE」で始める越境EC
  • Global Branding 戦略
  • Jump to the world!ウェブ多言語翻訳サービス「ワールドジャンパー.com」のご紹介
  • 失敗しない越境ECの進め方
  • アジア圏のEC決済事情 (仮題)

 

詳細は、以下のリンク先ページにてご確認ください。

越境EC経験者が語るEC-CUBE海外支援セミナー / 日本発!ECオープンプラットフォーム EC-CUBE