C2Cフリマアプリ Carousell がセコイアより資金調達

LINEで送る
Pocket

 

Mobile Marketplace Carousell Raises $6M Series A Led By Sequoia Capital

Carousellはセコイアキャピタル / Sequoia CapitalがリードするシリーズAファンディングにおいて、600万USドルの資金調達を行った。

既存インベスターであるシンガポールのRakuten Ventures、Golden Gate Ventures、500 StartupsとシリアルアントレプレナーのDarius Cheung氏を含め、Carousellの調達総額は680万USドルとなった。

調達した資金はインドネシア、マレーシアそして台湾での展開のためのエンジニアの獲得などに使われる予定だが、Carousellは他のアジア・パシフィック地域、例えば、オーストラリア、ニュージーランド、香港などへのさらなる進出も目論んでいる。

Carousellは所謂フリマアプリ (C2Cマーケットプレイス) で、売り主 / セラーは商品の写真を撮りタイトルや説明文を書きアプリに掲載、商品に興味のあるユーザーとアプリ内でチャットをしながら販売する。日本のフリマアプリのように売買成立後に手数料を取ることはなく、金額と受け渡し場所を両者で決め手渡しでの取引となる。

2012年のアプリローンチ以降800万点以上の商品が掲載され、200万件ほどの取引が完了している。現在は1分毎に平均8件の取引が成立しており、ユーザーはアプリ利用に1日あたり25分間費やしているという。Carousellは長らくシンガポールのiOS App Storeでショッピングアプリが並ぶLifestyleカテゴリーでナンバーワンを維持している。

しかし、依然Carousellはマネタイゼーションについて模索している。潜在的な売上としては、クラシファイド広告によくある商品掲載の優遇 (上位掲載や内容を目立たせるなど) やより高度な写真加工の機能の提供など、売り主へのプレミアムサービスが通常考えられる。また、数百もの商品を販売する事業者や実店舗を持つB向けの商品管理システムを有料で提供することもあり得るだろう。

 

出典 : Mobile Marketplace Carousell Raises $6M Series A Led By Sequoia Capital – TechCrunch | November 26, 2014

 

LINEで送る
Pocket

Comments

comments