米国でのスマートフォンモバイルアプリ接触時間がデジタル全体の半分に

comScoreの2016年7月のデータによると、米国ユーザーのデジタルメディア接触時間の50%がスマートフォンアプリからとなった。スマートフォン全体での接触時間のシェアは57%で、うちモバイルウェ…

 

comScoreの2016年7月のデータによると、米国ユーザーのデジタルメディア接触時間の50%がスマートフォンアプリからとなった。

 

adamblog1_reference

 

スマートフォン全体での接触時間のシェアは57%で、うちモバイルウェブはわずか7%で大半はアプリの使用になる。

スマートフォンのシェアの伸びは、4G LTEネットワークの普及や画面サイズが比較的大きくなってきたことが背景にある。モバイルウェブがデスクトップよりも使い難いと言われてきた弊害をアプリが解決した、もしくはより使いやすくした、とも考えられるが、それにしてもスマートフォンアプリは圧倒的なシェアを誇っている。

 

adamblog2_reference

 

出典 : Smartphone Apps Are Now 50% of All U.S. Digital Media Time Spent – comScore | September 1, 2016

 

米国でのメディア接触時間とデジタル対テレビの広告市場シェア

Nielsenの2016年Q1のデータによると、米国18〜34歳の消費者のアプリとインターネット (ビデオ視聴含む) を合計した週間メディア接触時間がテレビの接触時間を超えた。テレビについては年代が…

 

Nielsenの2016年Q1のデータによると、米国18〜34歳の消費者のアプリとインターネット (ビデオ視聴含む) を合計した週間メディア接触時間がテレビの接触時間を超えた。

テレビについては年代が上がる毎に見事に接触時間が長くなっている。インターネットについてはモバイルがデスクトップを常に上回り全体で2倍近い接触時間となっており、18〜24歳の年代で見ると4倍近く差がひらいている。

 

212433

 

Magna Globalの2016年6月に発表されたデータによると、米国では広告市場規模 (広告費) のシェアで、デジタルとテレビが激しく争っており、2016年度の予想では両者が38%で並んでいる。

しかし、今後数年でデジタルが完全にテレビを追い越し2020年にはシェア50%に届くと予想されている。

 

213296

 

 

出典 : TV and Digital Are in a Dead Heat for US Media Dollars – eMarketer | October 4, 2016

 

米国 EC モバイル 統計データ

【米国 EC市場規模 [小売り]】米国小売りEコマース市場のカテゴリ別売上・成長率 2014年米国小売EC市場規模・伸び率・EC化率・モバイル 2016年予想 : 3,925億USドル 前年比1…

 

【 米国 EC市場規模 [小売り] 】
米国小売りEコマース市場のカテゴリ別売上・成長率
22014年米国物販EC市場規模 伸び率 EC化率 モバイル率

2016年予想 : 3,925億USドル  前年比 13.0%増 (eMarketer, April 2014)

2015年予想 : 3,473億USドル  前年比 14.2%増 (eMarketer, April 2014)

2014年予想 : 3,041億USドル  前年比 15.5%増 (eMarketer, April 2014)

2013年実績 : 2,633億USドル  前年比 16.9%増 (eMarketer, April 2014)

 

【 米国 EC化率 [小売り] 】
2014年米国物販EC市場規模 伸び率 EC化率 モバイル率

2016年予想 : 7.6%

2015年予想 : 7.0%

2014年予想 : 6.4%

2013年実績 : 5.8%

 

【 米国 モバイル EC市場規模 [小売り] 】
2014年米国物販EC市場規模 伸び率 EC化率 モバイル率

2016年予想 : 981億2,000万USドル  前年比 28.4%増 (eMarketer, April 2014)

2015年予想 : 764億1,000万USドル  前年比 32.2%増 (eMarketer, April 2014)

2014年予想 : 577億9,000万USドル  前年比 37.2%増 (eMarketer, April 2014)

2013年実績 : 421億3,000万USドル  前年比 70.0%増 (eMarketer, April 2014)

 

【 米国 小売り市場規模 】
2014年米国物販EC市場規模 伸び率 EC化率 モバイル率

2016年予想 : 5兆1,330億USドル  前年比 4.0%増  (eMarketer, April 2014)

2015年予想 : 4兆9,360億USドル  前年比 4.3%増  (eMarketer, April 2014)

2014年予想 : 4兆7,320億USドル  前年比 4.4%増  (eMarketer, April 2014)

2013年実績 : 4兆5,330億USドル  前年比 4.2%増 (eMarketer, April 2014)

 

参考資料 :

【 全世界 EC市場規模 [BtoC全体] 】
2014年世界B2C EC市場規模は150兆円 アジアが最大規模

2016年予想 : 2兆530億USドル  前年比 15.9%増 (eMarketer, January 2014)

2015年予想 : 1兆7,710億USドル  前年比 17.7%増 (eMarketer, January 2014)

2014年予想 : 1兆5,050億USドル  前年比 20.2%増  (eMarketer, January 2014)

2013年実績 : 1兆2,510億USドル  前年比 18.3%増  (eMarketer, January 2014)

 

全世界 小売り市場規模・Eコマース市場規模・EC化率

eMarketerの推計によると、2014年の実店舗及びインターネットでの購買を含む全世界の小売り市場規模は、前年比6.1%増の22兆4,920億USドルに達するだろう。世界の小売り市場規模は向…

 

eMarketerの推計によると、2014年の実店舗及びインターネットでの購買を含む全世界の小売り市場規模は、前年比6.1%増の22兆4,920億USドルに達する。世界の小売り市場規模は向こう数年間は安定した成長を見せ、2018年には前年比5.5%増の28兆3,000億USドルとなると予想されている。

183292[全世界 小売り市場規模 2013-2018 Trillion USD]

 

2014年の全世界の小売りEC市場規模 (物販に限定した狭義のEC市場規模) は小売り市場全体の5.9%を占め、1兆3,160億USドルに達するだろう。2018年までにこのシェアは8.8%まで増加し、小売りEC市場規模は2兆5,000億USドルほどとなると予想されている。

183293[全世界 小売りEC市場規模 2013-2018]

 

国別の内訳を見ると、中国とアメリカの2カ国で2014年の小売りEC市場市場規模の半数以上を占め、世界のEC市場を牽引している。この先5年間の中国の成長は、他との差をさらに広げ、2018年までに中国の小売りEC市場規模は1兆USドルを超えて全世界の40%以上を占めるまでになる。

2018年時点で米国は約5,000億USドル規模の世界第2位を維持し、イギリスはその約4分の1の規模で大きく離されながらも第3位、日本は第4位に続くと予想されている。

183295[国別 小売りEC市場規模・伸び率 Top10]

 

次に、小売り市場全体におけるEC化率を見ると、世界第2位の米国は意外と伸び悩んでいる。これは、高度に発展した実店舗販売の強さと米国消費者の店舗での購入に対する欲求の高さを示しているだろう。

米国人口の約63%が2014年にインターネットで商品を購入するが、小売り市場全体のうちわずか6.5%を占めるに過ぎず、2018年でも8.9%に増加するだけと予想されている。

世界第1位の中国と第3位の英国に関しては、米国と比較してはるかに高いEC化率で推移すると予想されている。中国では、年間を通じて最低一回はインターネットで商品を購入した消費者は2014年で僅かに人口の27.5%だが、小売り市場全体の10%以上のEC化率となっており、中国でオンラインで購入している消費者は相当頻繁に購入していると言える。

一方、英国では、2014年で人口の73%以上がインターネットで商品を購入しており、EC化率は13%で世界で最も進んだ国である。英国の小売り市場規模は世界第8位だが、その高いEC化率が小売りEC市場規模を3位まで押し上げている要因となっている。

183110

 

出典 : Retail Sales Worldwide Will Top $22 Trillion This Year – eMarketer | December 23, 2014

 

モバイルアプリで急成長のショッピング、利用時間帯は

Flurry Analyticsによると、2014年のモバイルアプリ利用 (セッション) は前年比76%増加しており、特に、Lifestyle&Shopping、Utilities&Produc…

 

Flurry Analyticsによると、2014年のモバイルアプリ利用 (セッション) は前年比76%増加しており、特に、Lifestyle&Shopping、Utilities&Productivity、Messaging Social のカテゴリでは前年比100% (2倍) 以上セッションを増加させている。

ゲームアプリ、メッセンジャーアプリと来て、2014年はショッピングアプリが急成長している。ショッピングアプリ (iOSの場合はLifestyleカテゴリ) のセッションは前年比174%伸びており、Android のみで見てみるとショッピングカテゴリは220%と急増している。

Shopping-Productivity-and-Messaging-Give-Mobile-Another-Stunning-Growth-Year-1

 

米国でのショッピングアプリの利用動向 (対象はアンドロイドアプリのみ、2014年2月) を分析した結果、通勤時間のAM9時、ランチタイムのPM12時、そして、家に戻って落ち着いていたPM8時の3つの時間帯でアプリを長い時間利用していることが分かった。

Shopping-Productivity-and-Messaging-Give-Mobile-Another-Stunning-Growth-Year-2

 

出典 : Shopping, Productivity and Messaging Give Mobile Another Stunning Growth Year – Flurry Insights Blog | January 6, 2015