スマートフォン利用数が2016年には20億人に到達

eMarketerの予測によると、全世界のスマートフォン利用者数は2016年には20億人を超えるという。2015年のスマートフォン利用者数は全世界で19億1,000万人となる見通しで、2016年…

 

eMarketerの予測によると、全世界のスマートフォン利用者数は2016年には20億人を超えるという。

2015年のスマートフォン利用者数は全世界で19億1,000万人となる見通しで、2016年は前年比12.6%増の21億6,000万人となると予想している。

2018年には世界人口の3分の1にあたる25億6,000万人がスマートフォンを利用することになり、これは全携帯電話利用者の51.7%で、スマートフォン利用者数がフィーチャーフォン利用者数を初めて超えることになる。

182903

 

以下の図はeMarketerによるスマートフォン利用者数ランキング上位25ヶ国の推計である。2014年以降の要点としては以下の通り。

  • 2014年 :
    中国のスマートフォン利用者数が全世界で初めて5億人を突破する
  • 2015年 :
    ロシアのスマートフォン利用者数が日本を上回り、世界第4位となる
  • 2016年 :
    インドのスマートフォン利用者数が2億人を超え、米国を上回り世界で2番目に多い国となる
  • 2017年 :
    米国のスマートフォン利用者数が2億人を超え、同国人口の65%に達する
  • 2018年 :
    インドネシアのスマートフォン利用者数が1億人を超え、ロシアや日本、ブラジルを上回り、世界で4番目に多い国となる

182905

2018年の状況としては、中国が引き続き別格1位で、次いでインド、米国、インドネシアまでが利用者数1億人を超えるスマートフォン大国となるだろう。

 

出典 : 2 Billion Consumers Worldwide to Get Smart(phones) by 2016 – eMarketer | December 11, 2014

 

2014年アジアのインターネット広告市場は30%上昇

eMarketerによると、2014年のアジア・パシフィック地域におけるインターネット広告市場規模は30.3%上昇し、465億9,000万USドルになると見込まれている。2012年から同地域はイ…

 

eMarketerによると、2014年のアジア・パシフィック地域におけるインターネット広告市場規模は30.3%上昇し、465億9,000万USドルになると見込まれている。

2012年から同地域はインターネット広告市場規模において、北米地域に次いで2番目に大きいシェアを誇っている。この傾向は2016年まで続き、2017年にはアジア・パシフィック地域はシェア36.9%と北米地域の35.7%を上回ると予想されている。

2014年世界B2C EC市場規模は150兆円 アジアが最大規模」にて、2014年にはB2C EC市場規模でアジア・パシフィック地域が北米地域を上回るだろうと予想しているが、その3年後にインターネット広告市場でも同じことが起きるようだ。

182644

 

アジア・パシフィック地域に絞って見ていくと、2014年には中国のシェアが50.9%と同地域の市場規模の半分以上を占め、次いで、日本 (19.5%) 、オーストラリア (9.7%) と続いている。

同地域においてインターネット広告市場規模が最も伸びているのがインドネシアで、2014年で98.0%と急成長しており、この傾向は以降も続いていくと予想されている。

インドネシアではオフライン広告への支出がまだまだ盛んだが、インターネットユーザーやスマートフォン利用者の数が急成長しているだけに、インターネットへの広告費シフトが起きると考えられている。

182990

 

出典 : APAC Digital Ad Spending to Jump Over 30% This Year – eMarketer | December 11, 2014

 

楽天シンガポールにおけるモバイルコマースの重要性

楽天はニュースリリースにて、シンガポールでのモバイル端末からの購入金額が11億USドルとなったと発表した。シンガポールでの流通金額全体としては2014年で29億9,000万USドルと予想している…

 

Rakuten Asia predicts m-commerce, social shopping growth

楽天はニュースリリースにて、シンガポールでのモバイル端末からの購入金額が11億USドルとなったと発表した。シンガポールでの流通金額全体としては2014年で29億9,000万USドルと予想している。

楽天アジアのディレクターは、「スマートフォン普及率が80%のシンガポールでは、モバイルコマースが成長するために十分な環境が備わっている。AppleがiPhone 6 Plusでファブレット市場に参入し、SamsungもGalaxy Note 4などのファブレットのフラッグシップをローンチし、シンガポールでのモバイルショッピングの更なる拡大につながっていくだろう」と述べた。

モバイルオンリーユーザーの多いアジア・パシフィック地域ではモバイルファーストの考え方が広がっている。楽天は、シンガポールで圧倒的な存在感を誇るC2Cマーケットプレイス (フリマ) モバイルアプリの Carousell への投資を主導している。

楽天は、アジア・パシフィック地域のB2C EC市場規模は、2015年には6,800億USドルに達すると予想している。

 

>> シンガポール に関連する他の記事

 

出典 : Rakuten Asia predicts m-commerce, social shopping growth – e27 | December 12, 2014

 

C2Cフリマアプリ Carousell がセコイアより資金調達

CarousellはSequoia CapitalがリードするシリーズAファンディングにおいて、600万USドルの資金調達を行った。既存インベスターであるシンガポールのRakuten Ventu…

 

Mobile Marketplace Carousell Raises $6M Series A Led By Sequoia Capital

Carousellはセコイアキャピタル / Sequoia CapitalがリードするシリーズAファンディングにおいて、600万USドルの資金調達を行った。

既存インベスターであるシンガポールのRakuten Ventures、Golden Gate Ventures、500 StartupsとシリアルアントレプレナーのDarius Cheung氏を含め、Carousellの調達総額は680万USドルとなった。

調達した資金はインドネシア、マレーシアそして台湾での展開のためのエンジニアの獲得などに使われる予定だが、Carousellは他のアジア・パシフィック地域、例えば、オーストラリア、ニュージーランド、香港などへのさらなる進出も目論んでいる。

Carousellは所謂フリマアプリ (C2Cマーケットプレイス) で、売り主 / セラーは商品の写真を撮りタイトルや説明文を書きアプリに掲載、商品に興味のあるユーザーとアプリ内でチャットをしながら販売する。日本のフリマアプリのように売買成立後に手数料を取ることはなく、金額と受け渡し場所を両者で決め手渡しでの取引となる。

2012年のアプリローンチ以降800万点以上の商品が掲載され、200万件ほどの取引が完了している。現在は1分毎に平均8件の取引が成立しており、ユーザーはアプリ利用に1日あたり25分間費やしているという。Carousellは長らくシンガポールのiOS App Storeでショッピングアプリが並ぶLifestyleカテゴリーでナンバーワンを維持している。

しかし、依然Carousellはマネタイゼーションについて模索している。潜在的な売上としては、クラシファイド広告によくある商品掲載の優遇 (上位掲載や内容を目立たせるなど) やより高度な写真加工の機能の提供など、売り主へのプレミアムサービスが通常考えられる。また、数百もの商品を販売する事業者や実店舗を持つB向けの商品管理システムを有料で提供することもあり得るだろう。

 

出典 : Mobile Marketplace Carousell Raises $6M Series A Led By Sequoia Capital – TechCrunch | November 26, 2014

 

シンガポールにおけるスマートフォンOSシェアの実態

シンガポール在住でスマートフォンを所有する20代〜40代女性を対象としたアンケートを実施しました。20代、30代、40代で1/3づつになっています。以下のグラフが「あなたはどのスマートフォンは現在使っていますか? …

 

先日、シンガポール在住でスマートフォンを所有する20代〜40代の女性を対象としたアンケートを実施しました。サンプル数は少ないのですが、n=228で、20代、30代、40代それぞれがほぼ1/3づつになっています。

以下のグラフが「あなたはどのスマートフォンは現在使っていますか?」という質問に対する回答です。

Which smartphone do you use now? 1

全体を見ると、シンガポールとはいえ他の東南アジア国と同じくAndroid (アンドロイド) がマジョリティですが、iOS (Phone) 比率が4割を超えているのはさすがといえます (しかし、iOSの内4割弱が iPhone 4 or iPhone 4s、詳細は以下のグラフ参照)。スマートフォンOSはAndroidとiOSで95%を占めます。

年代別に見ると、20代の特徴として、iOS比率が一番高いのですが、実はiPhone 4 or iPhone 4s比率も一番高くなっています。また、iOS・Android以外のOSの比率が一番低いという結果になっています。iPhoneへの憧れはあるものの最新機種の5 or 5sは持てない人も多く、また、周りと違うOSとなることを嫌うのかもしれません。

30代の特徴としては、Android比率が一番低く20代から続いてiPhoneが人気です。特に、おそらく一番高価なiPhone 5 or 5s の比率が一番高い世代となっており、経済的にも充実してきているといえます。

40代の特徴としては、Androidの比率が高く、中でもSamsung GALAXYの比率が20代・30代と比較して10ポイント近く高い結果となっています。シンガポールでのSamsungの広告は存在感があるので、広告が効きやすい世代なのかもしません。また、iOS・Android以外のOSの比率も一番高いという結果になっています。

 

以下のグラフは、上記アンケート結果を少し細分化したものになります。ご参考まで。

Which smartphone do you use now? 2

 

>> シンガポール に関連する他の記事

 

出典 :  コミューン 内部調査資料