米国モバイルコマース市場規模とOS別平均オーダー単価

2014年第3四半期の全サイト訪問数の43%、EC全売上の1/4がスマートフォンとタブレット経由だった。スマートフォンからのトラフィックは前年比で62%、売上は141%成長している。スマートフォ…

 

スマートフォンからの売上シェアはタブレットのそれを2015年中頃には超えるだろう。その後もスマートフォンコマース市場規模は堅調に推移し、2018年には348億ドル (約3兆4,800億円) に達すると予想されている。

178714[米国 小売りスマートフォンコマース市場規模 2013-2018 Billion USD]

 

2014年第3四半期の全サイト訪問数の43%、EC全売上の1/4がスマートフォンとタブレット経由だった。スマートフォンからのトラフィックは前年比で62%、売上は141%成長している。

2014年第1四半期のスマートフォン各OS別の平均オーダー単価は、Windows $100.91、Android $111.70、iPhone $117.76 とiOSデバイスからのオーダー単価が比較的高い結果となっている。

175594[米国 デバイス別 EC 平均オーダー単価 2013年Q1〜2014年 Q1]

 

出典 : Not All Mcommerce Is Created Equal – eMarketer | November 11, 2014

 

米国小売りEコマース市場のカテゴリ別売上・成長率

eMarketerの調査によると、2014年の米国小売り市場規模 (売上) は前年比4.4%増の4兆7,320億USドルと拡大が予想され、小売りEC市場も売上・小売り全体に対する比率ともに増加す…

 

小売りEC市場の売上をカテゴリ別に比較すると、Computer&consumer electronicsが常に一番規模が大きくシェアは2014年に21.8%で2018年には22.1%、次いでApparel&accessoriesのシェアが大きく2014年に17.1%で2018年には17.5%と予想されている。

171460[米国 カテゴリ別 小売りEC市場規模 2012-2018  Billion USD]

 

eMarketerの調査によると、2014年の米国小売り市場規模 (売上) は前年比4.4%増の4兆7,320億USドルと拡大が予想され、小売りEC市場も売上・小売り全体に対する比率ともに増加する見込みである (参照 : 2014年米国物販EC市場規模 伸び率 EC化率 モバイル率) 。

小売りEC市場の成長率をカテゴリ別に比較すると、そこまで大きな差は無いものの (すべて全体成長率の+−2%以内に収まっている) 、Books/music/videoのデジタル消費、次いでApparel&accessoriesカテゴリが比較的成長率が高く、Office equipment&suppliesの成長率が低いと予想されている。

171463[米国 カテゴリ別 小売りEC市場成長率 2012-2018]

 

>> 米国 EC モバイル 統計データ

 

出典 : US Retail Ecommerce Sales Highest for Computers, Consumer Electronics – eMarketer | April 11, 2014

 

2014年米国物販EC市場規模 伸び率 EC化率 モバイル率

eMarketerの調査によると、2013年の米国小売り市場規模は4兆5,330億USドル (約544兆円) で伸び率は4.2%、小売りEC市場規模は2,633億USドル (約32兆円) で伸び…

 

eMarketerの調査によると、2013年の米国小売り市場規模は4兆5,330億USドル (約544兆円) で伸び率は4.2%、小売りEC市場規模は2,633億USドル (約32兆円) で伸び率は16.9%となった。

171446[米国 小売り市場規模・伸び率 2012-2018  Trillion USD]

 

同社の2014年の予想では、小売りEC市場規模は3,041億USドル (約36兆円) に達し伸び率は15.5%となる。EC化率は2013年実績で5.8%だが、その後成長を続け、2014年は6.4%、2018年には8.9%にまで達する見込み。

経済産業省による同年の日本のEC (小売り / 物販系) 市場規模実績は6.8兆円のため、以下は米国の数字は予想ではあるものの、約5.3倍の市場規模の差があると考えられる (1USドル=100円で計算すると約4.5倍)。

アパレル・ファッションEC市場規模の伸びは米国でも顕著」にある約1年前の予想と比較すると、2014年の小売りEC市場規模は4.9%、2016年は8.5%上方修正されている。

171448[米国 小売り市場規模・伸び率 (チャネル別) 2012-2017  Billion USD]

171450[米国 小売りEC市場規模・伸び率 他 2012-2018  Billion USD]

 

小売りモバイルコマース市場規模は、2013年実績で421億USドル (約5兆円) 、前年比70%と急成長している。eMarketerの2014年の予想では、伸び率は37.2%の578億USドル (約7兆円) となり小売りEC市場規模の1/5を占め、小売り市場規模全体の1.2%となる。

タブレットが加速させる米国モバイルコマース市場」にある約1年前の予想と比較すると、2014年の小売りモバイルコマース市場規模は1.9%、2016年は1.4%上方修正されている。

171508[米国 小売りモバイルコマース市場規模・伸び率 他 2012-2018  Billion USD]

 

>> 米国 EC モバイル 統計データ

 

出典 : Total US Retail Sales Top $4.5 Trillion in 2013, Outpace GDP Growth – eMarketer | April 10, 2014

 

楽天シンガポールにおけるモバイルコマースの重要性

楽天はニュースリリースにて、シンガポールでのモバイル端末からの購入金額が11億USドルとなったと発表した。シンガポールでの流通金額全体としては2014年で29億9,000万USドルと予想している…

 

Rakuten Asia predicts m-commerce, social shopping growth

楽天はニュースリリースにて、シンガポールでのモバイル端末からの購入金額が11億USドルとなったと発表した。シンガポールでの流通金額全体としては2014年で29億9,000万USドルと予想している。

楽天アジアのディレクターは、「スマートフォン普及率が80%のシンガポールでは、モバイルコマースが成長するために十分な環境が備わっている。AppleがiPhone 6 Plusでファブレット市場に参入し、SamsungもGalaxy Note 4などのファブレットのフラッグシップをローンチし、シンガポールでのモバイルショッピングの更なる拡大につながっていくだろう」と述べた。

モバイルオンリーユーザーの多いアジア・パシフィック地域ではモバイルファーストの考え方が広がっている。楽天は、シンガポールで圧倒的な存在感を誇るC2Cマーケットプレイス (フリマ) モバイルアプリの Carousell への投資を主導している。

楽天は、アジア・パシフィック地域のB2C EC市場規模は、2015年には6,800億USドルに達すると予想している。

 

>> シンガポール に関連する他の記事

 

出典 : Rakuten Asia predicts m-commerce, social shopping growth – e27 | December 12, 2014

 

C2Cフリマアプリ Carousell がセコイアより資金調達

CarousellはSequoia CapitalがリードするシリーズAファンディングにおいて、600万USドルの資金調達を行った。既存インベスターであるシンガポールのRakuten Ventu…

 

Mobile Marketplace Carousell Raises $6M Series A Led By Sequoia Capital

Carousellはセコイアキャピタル / Sequoia CapitalがリードするシリーズAファンディングにおいて、600万USドルの資金調達を行った。

既存インベスターであるシンガポールのRakuten Ventures、Golden Gate Ventures、500 StartupsとシリアルアントレプレナーのDarius Cheung氏を含め、Carousellの調達総額は680万USドルとなった。

調達した資金はインドネシア、マレーシアそして台湾での展開のためのエンジニアの獲得などに使われる予定だが、Carousellは他のアジア・パシフィック地域、例えば、オーストラリア、ニュージーランド、香港などへのさらなる進出も目論んでいる。

Carousellは所謂フリマアプリ (C2Cマーケットプレイス) で、売り主 / セラーは商品の写真を撮りタイトルや説明文を書きアプリに掲載、商品に興味のあるユーザーとアプリ内でチャットをしながら販売する。日本のフリマアプリのように売買成立後に手数料を取ることはなく、金額と受け渡し場所を両者で決め手渡しでの取引となる。

2012年のアプリローンチ以降800万点以上の商品が掲載され、200万件ほどの取引が完了している。現在は1分毎に平均8件の取引が成立しており、ユーザーはアプリ利用に1日あたり25分間費やしているという。Carousellは長らくシンガポールのiOS App Storeでショッピングアプリが並ぶLifestyleカテゴリーでナンバーワンを維持している。

しかし、依然Carousellはマネタイゼーションについて模索している。潜在的な売上としては、クラシファイド広告によくある商品掲載の優遇 (上位掲載や内容を目立たせるなど) やより高度な写真加工の機能の提供など、売り主へのプレミアムサービスが通常考えられる。また、数百もの商品を販売する事業者や実店舗を持つB向けの商品管理システムを有料で提供することもあり得るだろう。

 

出典 : Mobile Marketplace Carousell Raises $6M Series A Led By Sequoia Capital – TechCrunch | November 26, 2014