台湾市場へのEC進出について – 決済手段多様化の重要性

Eコマースで海外の市場へ参入する際に重要になる点として、自社内ではサプライチェーンの最適化による原価 (物流費含む) の低減、対顧客ではその国に合った決済手段の提供、の2点があります。決済手段の提供に関して台湾に …

台湾 EC 関連記事

 

台湾市場へのEC (Eコマース) 進出について - 決済手段多様化の重要性

 

Eコマースで海外の市場へ参入する際に重要になる点として、自社内ではサプライチェーンの最適化による原価 (物流費含む) の低減、対顧客ではその国に合った決済手段の提供、の2点があります。これらは後回しにされることが多々ありますが、ビジネスモデルの確立のためには非常に重要な要素になります。今回は、後者の決済手段の提供に関して台湾に絞って考えてみます。

 

台湾でのECでよく使われている決済手段

台湾でよく使われる決済手段は以下の通り、クレジットカード、代引き、コンビニ支払い、ATM支払いの4点です。コンビニ支払いは、現地で同じ統一グループが運営するセブンイレブンと統一ヤマトが展開しており、人口当たりのコンビニ数が世界一と言われる台湾においてはポピュラーな決済方法です。

ATM支払いは、まだクレジットカードが日本ほど浸透してない状態での支払い方法としてEコマース黎明期から引き続き利用され続けています。台湾の方に、同じ現金払いの代引きの方がATM支払いよりも楽なのに何故移行しないのか?と質問したところ、以前からの慣れた方法のため使われ続けているのだろうとのことでした。

Eコマースで海外進出する場合、グローバルサイトと現地モール出店と双方で始めるケースが多いですが、グローバルサイトでの決済方法はクレジットカードとPayPalのみということがあります。手数料の問題は確かにありますが、グローバルサイトを後回しにしても先ずは各国のユーザーに合った決済手段に対応するモール出店を優先し機会損失を無くすことが大切ではないかと考えます。

 

【2012年10月2日追記】

台湾EC市場で求められる決済方法とは」では、日本のファッションを好きな20代の台湾人女性を対象として、ECでの決済に関して取得したアンケートの結果を掲載していますので、合わせてご参照ください。

 

台湾 EC 関連記事

アジア市場向けECサイト構築・運用コンサルティング

台湾ECモール収入比較 – Yahoo!とPChomeで全体の5割弱

ファッションEC「 lativ 」から台湾ECでの価格設定を考える

「越境EC」をテーマとした講演資料を公開します

台湾アパレル・ファッションEC市場規模に関する図

台湾ファッションEC市場は数百億台湾ドル市場

台湾EC市場の7割はYahoo!とPChomeで占めている

2012年も台湾EC市場規模は二桁成長を維持

台湾EC市場の現状 – 大手企業がECを行なっていない理由とは

台湾から中国大陸EC市場への参入について

台湾EC市場で求められる決済方法とは

ファッションECにおける台湾ユーザーの購買行動

楽天台湾、成長の鍵を握る3つの分野とは

台湾の大手アパレル・ファッションEC 68選

台湾アパレル・ファッションEC事例 – lativ、東京著衣

台湾ECの市場規模・平均購買単価 – 市場の伸びは20%を維持

台湾ECに関するデータ – 市場規模・利用ユーザーなど

 

Facebookコマース開発業者20社のリスト

20 Leading F-Commerce Software Solution Providers 主要Facebookコマース Fコマースアプリプロバイダー20社 3dcart 8th Bridge Fluid …

 

social commerce

 

20 Leading F-Commerce Software Solution Providers
主要Facebookコマース (Fコマース) アプリプロバイダー20社

 

 

出典 :  Top 50 Facebook Stores, Top 20 Facebook Store Solutions – Social Commerce Today

 

Facebookコマースとは何か

ECにおいてソーシャルメディアをどのように活用していくかは今後必須の課題です。アジア各国とくに台湾・香港・シンガポールではFacebook会員の浸透率が5割を超え20代・30代では既にコミュニケーションのインフラ …

 

Facebookコマースとは、Facebookに関連したEコマース事業全般を意味します。

 

Wikipediaでは、

Facebook commerce, f-commerce, and f-comm refer to the buying and selling of goods or services through Facebook, either through Facebook directly or through the Facebook Open Graph.

Facebookコマースまたはf-commerce、f-commとは、Facebook上で、もしくは、Facebook Open Graph を通して行われる商品やサービスの売買のことを表す。

と定義されています。

 

今後、Eコマースにおいてソーシャルメディアをどのように活用していくかは必須の課題です。日本ではまだ人口におけるFacebook会員の浸透率が1割にも満たないですが、アジア各国とくに台湾・香港・シンガポールではFacebook会員の浸透率が5割を超え20代・30代では既にコミュニケーションのインフラとなっています。FacebookはアジアのEコマースの勢いを加速させています。

 

これまでのような新規獲得がメインのプッシュ型マーケティングではなく、Facebookという場を活用してユーザーとのコミュニケーションレベルを上げることで顧客ロイヤリティを高めユーザーからの問い合わせを増やすプル型に重きを置くことが重要となります。

 

>> Facebook に関連する他の記事

 

Facebookコマースは終わったのか?

JC PennyやNordstrom、GAP、Gamestopといった大手百貨店やアパレル、ゲームの大型小売りが Facebookページのページタブや Facebookアプリで運営していたFacebook内ストア …

Facebookコマースは終わったか?

 

先週Facebookコマース (以下f-commerce) は f(ail)-commerce (失敗コマース) か?、という趣旨の英文記事が多く流れました。ことの発端は2月17日のBloombergの記事 “Gamestop to J.C. Penney Shut Facebook Stores” でした。

JC PennyやNordstrom、GAP、Gamestopといった大手百貨店やアパレル、ゲームの大型小売りが Facebookページのページタブや Facebookアプリで運営していたFacebook内ストアを閉じたという内容です。そして、そこに火を注いだのが、リサーチ会社Forrester ResearchのアナリストMulpuru女史のコメントです。

彼女はf-commerceを

“ trying to sell stuff to people while they’re hanging out with their friends at the bar. ” (バーで友人と飲んでいる時にモノを売ろうとするようなこと)

と例えました。

 

 

ユーザーのショッピング体験が貧弱

Bloomberg以外の記事も含めいくつか指摘されている f-commerceに関すると思われるネガティブな反応を見ると、バナー広告が表示される、画面が狭い (ページタブでの表示だと幅520px)、ページロードが遅い、在庫状況表示や商品検索など自社ECと比較すると機能が少ないなど、要するにユーザーから見ると手を抜いていると思われる内容が多いのです。

特にページタブに商品を並べるパターンのストアは前時代的な機能のみの場合がほとんどで、自社ECサイトがある場合、そこでのショッピング体験を凌駕するものがないと、Facebookのタブでユーザーが商品を買うというのは難しいと思わざるを得ません。

以前のVenture Nowでのコラムで言っている通り、ECや小売りの基本を理解し、そしてユーザーのショッピング体験をどのようにデザインするかをしっかり考えなければ、f-commerceが上手くいかないことは当然と言えば当然です。

 

 

ユーザーが友人に知らせたくなる仕組みが弱い

Forbes の記事で f-commerceソリューションベンダー8thBridgeのGerten氏は、

” The best way to monetize social media is to empower people to promote products to their friends not for brands to spam you on Facebook. ” (ソーシャルメディアでの一番のマネタイズ方法は、企業によるスパムではなく、ユーザーが友人に商品を紹介し購買を促進することだ)

とコメントしています。

Facebook などのソーシャルメディアでは、ユーザーが企業の投稿に”いいね!”などのポジティブフィードバックをすると、それが友人へも流れて口コミを促進する、と理屈としてはありますが、実際に運用してみるとそんな甘くはありません。

もちろん、より訴求力の強い”シェア”ボタンを促進することなどである程度の規模は広がりますが、ユーザーが友人に知らせたくなる仕組みを考えて追加していかなくてはいけません。これはソーシャルメディアを扱う以上常に意識していなければならないことです。商品画像の下に”いいね!”ボタンを置くだけではほとんど意味が無いのです。

 

 

Facebookページのファンは死んでるユーザーか?

ユーザーのショッピング体験をしっかりデザインし、ユーザーが友人に商品を紹介する仕組みを加えたとしても、そもそも Facebookページのファンがノンアクティブであれば誰も来て買物はしてくれません。

あるテックスタートアップのブログでは、BrandGlueをソースとして、

“96% of the fans will never return back to the Facebook Page after they have liked it.” (ファンの96%は、いいね!ボタンをクリックした後、そのFacebookページに再び戻ることは無い)

とありますが、これはどれだけ信憑性があるのでしょうか?

もちろんファンの集め方の上手下手にもよりますが、一概にすべてがこんなに悪い数字だとは思えません。しかし、

” the average % of Facebook Page visits per day is 0.7% per total fan count. ” (Facebookページの1日の平均訪問数はファン全体の0.7%)

は、そうだろうと感じます。

例えば、10万ファンがいたとして、1日のFacebokページへの訪問数 (ユニークユーザーでは無い) が 700、延べでみても月に21,000訪問。ページタブへの誘導やアプリのインストールなどを考えるとこの数はさらに減少するため、メールマガジン運用と比較したとして、明らかに薔薇色の数字とは言えないでしょう。

そして、懸賞などで無理矢理にファンを増やすだけだと、どんどん反応率が落ちて本当に96%のファンが二度と帰って来ないということはおおいに考えられます。

 

 

試行錯誤は続く

今後、Facebookのページ仕様変更やモバイル (スマートフォン) への移行など、状況は常に変わり続けていくかと思いますが、狭いタブページに商品を並べただけの f-commerceの手法はもう既に厳しいことは明らかです。

Facebookアプリとしてある程度カスタマイズしたEC (例: ASOS など) は、可能性はあると思いますが、本サイトのECと比較して同等以上のショッピング体験の提供が必要でありますし、ファンの誘導数を考えると、時間をかけて真摯にユーザーと双方向コミュニケーションを続けるしかありません。

そういう意味では、当初は自社ECへ誘導することを念頭に導線を考えた方が良いかもしれません。

最後に、一つ確かなのは

” Online shopping experiences are better when they’re social. ” (オンラインのショッピング体験はソーシャルの方が楽しい)

という概念です。ただし具現化するにはまだ時間がかかるでしょう。

 

 

出典 :
F-Commerce: Where Next for Retail on Facebook? – The Next Web
Why Are Retailers Shutting Their Facebook Stores? – Mashable
F(ail)-Commerce: Data Driven Look into Why Retailers Are Shutting Facebook Stores – Tim Chae
E-Commerce Experts Bustos & Gerten on F-Commerce – #Fail or Fan-tastic? – Social Commerce Today
F-Commerce Future: Bulls, Bears, Fans or Five Blind Men and an Elephant – Social Commerce Today
Facebook Shopping Apathy? Smart Plays On F-Commerce – Forbes
Gamestop to J.C. Penney Shut Facebook Stores – Bloomberg

 

 

本コラム記事は、以下の通り Venture Now に寄稿させていただきました。
Facebookコマースは終わったのか?