FacebookでECのコンバージョン率を向上させる一例

友達にシェアされた商品についてのコメントを読んだことがあるユーザーが全体の62%、そのうち75%がそのコメントに付いている商品画像などから販売サイトに遷移したことがあり、そのうち53%がその販売サイトで商品を購入 …

 

Sociable Labs が 「Social Impact Study: How Consumers See It」と題したレポートを発表しています。2012年1月15日〜2月8日の間でサンプル数1,088人のデータを纏めたレポートになっています。対象サンプルの定義は、オンラインショッパー (4半期に1度以上オンラインで買物をするユーザー)でかつFacebookユーザー (月に1度以上ログインするユーザー)、年齢比率は平均的なオンラインショッパーの年齢比率に準じているようです。FacebookとEコマースとの相性を知るうえで参考になるデータではないでしょうか。

以下のスライドはサマリーなのですが、Facebookで、購入した商品についてのコメントがその後シェアされ広がりクリックされその商品の販売サイトへと遷移し、また別のユーザーに購入されるまでの流れを表した図です。

 

FacebookでECのコンバージョン率を向上させる一例

 

  • 友達によってシェアされた商品についてのコメントを読んだことがあるユーザーが、
    全体の62%、
  • そのうち 75% が、そのコメントに付いている商品画像などから販売サイトに遷移
    したことがあり、
  • そのうち 53% が、その販売サイトで商品を購入した、

となり、最終的に、全体の 25% が商品の購入につながっている、という結果になります。

通常、Eコマースのコンバージョン率 (購入者数 / サイトの訪問数) は 1〜2% ほど (Forrester Researchによると、平均 3.4% ) と思いますが、この流れで訪問したユーザーのコンバージョン率は 53% で、半数以上が購入に至るという凄まじい数字です。これはさすがに異常値とは思えるのですが、購入された商品に関するコメントがFacebookで巡り巡って潜在顧客を連れてくるという仮説は実証してみる価値は多いにあると考えます。FacebookとEコマースというと、Facebook内で商品を販売することと考えるケースが多いと思いますが、ソーシャルメディアとしての本質的なところを考えることが重要です。

日本のアマゾンでも商品購入後に、ソーシャルメディアに情報をシェアする仕組みを既に取り入れています。商品に関するコメントやレビューをサイト内に閉じ込めておくのではなく、ソーシャルメディアに拡散させる取り組みは、Eコマース事業者にとって今後より重要になってくるでしょう。

 

以下のスライドは詳細になります。

FacebookでECのコンバージョン率を向上させる一例 1

「オンラインショッパーの 56% が、商品にひも付いた いいね! ボタンをクリックしたことがある。」

 

FacebookでECのコンバージョン率を向上させる一例 2

「オンラインショッパーの 38% が、友達が実際に購入した商品についてのコメントをシェアしたことがある。」

 

FacebookでECのコンバージョン率を向上させる一例 3

「オンラインショッパーの 62% が、友達によってシェアされた商品についてのコメントを読んだことがある。」

 

FacebookでECのコンバージョン率を向上させる一例 4

「上記のコメント (友達によってシェアされた商品についてのコメント) を読んだユーザーの 75% が、そのコメントに付いている商品画像などをクリックして販売サイトに遷移したことがある。」

 

FacebookでECのコンバージョン率を向上させる一例 5

「上記ユーザー (商品画像などをクリックして販売サイトに遷移したユーザー) の 53% が、実際に商品を購入した。」

 

FacebookでECのコンバージョン率を向上させる一例 6

「上記の流れで商品を購入したユーザーの 81% は、その後に商品についてのコメントを発信するユーザーでもある。」

 

本コラム記事は、抜粋して以下の通り Venture Now に寄稿させていただきました。
FacebookでEコマースのコンバージョン率を向上させる一例

 

ラグジュアリーブランドのFacebookコマース事例 – Tory Burch

ラグジュアリーブランドTory Burchは、カスタマイズアプリでFacebookコマースを実施しています。Facebookがリニューアルする以前の横幅550ピクセルの仕様ではなく、横幅約770ピクセルほどを使っ …

ラグジュアリーブランドのFacebookコマース事例 - Tory Burch

 

ラグジュアリーブランドTory Burchは、カスタマイズアプリでFacebookコマースを実施しています。

Facebookがリニューアルする以前の横幅550ピクセルの仕様ではなく、横幅約770ピクセルほどを使っていますが、増加した幅をそのままナビゲーションが占有しているため、オウンドメディア (toryburch.com) としてのEコマースサイトと比較するとやはり画像の小ささが顕著です。

ただ、商品詳細ページの画像拡大やズーム機能などはそのまま実装されており、そこまでの不便さは感じません。

 

 

しかし、Eコマースサイトにあるリコメンデーションや決済の機能がそもそもありません。

買物カゴの確認から決済への遷移は自然なため違和感は無いですが、ユーザーのショッピング体験を少しでも良くすることを考えた時に「何故Facebook内で買物をするのだろう?」という疑問に答えることは難しいのではないでしょうか。

Tory Burch のFacebookページの投稿からのリンクはほぼオウンドメディアで、ブログなどのコンテンツも付加することでEコマースサイトとしてのコンテンツ不足をカバーしています。

 

 

Facebookは既存顧客とのコミュニケーション手段として最適ですが、今回の例も含めて販売の窓口としてまだ万能というわけではありません。

例えば、Pinterest のようなユーザーが主導権を持ってコンテンツを作る (大本の画像などはユーザーが作った訳ではないですが) 場所からの誘導も重要性を増しているため、販売自体は、FacebookやPinterestなどの様々なメディアからの受け皿として、ユーザーが最高のショッピング体験を得られる場を提供する必要があります。

カスタマイズアプリとしてレベルは比較的高いとは思いますが、先に指摘した点やFacebookとの連携についてもさらに踏み込んだ仕組みを入れていかないと厳しいのではないでしょうか。

 

 

ちなみに、Tory Burch の商品詳細ページには、Facebook (いいね!)、Google (+1ボタン)、Pinterest の3つの共有ボタンが設置されているのですが、ほぼすべての商品について Pinterest のボタンが一番クリックされていました。このような画像がキラーコンテンツとなるようなラグジュアリーブランドと Pinterest との相性の良さを改めて感じます。

 

アパレル・ファッションECにおけるマレーシアという市場

マレーシアというとシンガポールに隠れて地味なイメージがあるかと思います。弊社も当初、アジア市場で狙うべきは、中国への布石としての台湾、香港、そしてASEANへの足掛かりとしてのシンガポールと3カ国を考えていました …

アパレル・ファッションECにおけるマレーシアという市場

マレーシアというとシンガポールに隠れて地味なイメージがあるかと思います。アジア市場で狙うべきは、中国への布石としての台湾、香港、そしてASEANへの足掛かりとしてのシンガポール、これら3カ国が先ず最初に思い浮かぶでしょう。しかし、ご存知の通り、香港、シンガポールは人口がそれぞれ1,000万人以下と市場としては小さく、Eコマースとして始めるのには確かに物足りなさを感じるということも事実です。

 

ファッションへの感度が高いマレー人

台湾やシンガポールに次いで、物流、決済、インターネット接続環境などのインフラが整っている国はマレーシアです。現在運営しているクロスボーダーECでのオーダー数におけるマレーシア人比率が高いことや、マレー人の女性はファッションに対して感度の高いと聞いたりする中で、アパレル・ファッションECにおいて、マレーシア市場は検討に値するのではと考えています。

先日シンガポールに向けたあるファッションEコマースのニュースに対して、「マレー人の方がファッションに興味があるのに、何故シンガポールなのか?」との意見がありました。シンガポールでは日本のファッションが受け入れられそうだと現地の方から話は聞くのですが、一般的にファッションにあまり興味が無いとも聞きます。

ただし、マレーシアの一人口当たりGDPは、日本や日本とほぼ同じシンガポールと比較すると2割弱 (「アジア向け事業でのFacebook活用のすすめ」を参照) で全体としてはまだまだ可処分所得は低く、また、マレーシア内でもマレー人と華人との間に平均収入には差があったりします。

例えば、クアラルンプールなど都市部の独身のOLにターゲットを絞りこむなどの対処は必要になるかとは思いますが、今後も経済成長が見込めるマレーシアはファッション関連の市場としても魅力的になってくるのではないでしょうか。

 

>> ファッション に関連する他の記事
>> マレーシア に関連する他の記事

Facebookコマース (Fコマース) の3つの問題点

「Facebookコマース (Fコマース) は終わったか?」でも少し指摘をした現状のFacebookコマースの問題点について、以下の通り3点に纏めました。この3点をクリアして初めてFacebookコマースとしての …

Facebookコマースの3つの問題点

Facebookコマース (Fコマース) は終わったか?」でも少し指摘をした現状のFacebookコマースの問題点について、以下の通り3点に纏めました。この3点をクリアして初めてFacebookコマースとしてのスタート地点に立つことになります。

 

1. ターゲットと合わない集客

Facebookエンゲージメント率算出の注意点」で取り上げているAdvertising Ageの記事にあるように、Facebookページのエンゲージメント率 (過去1週間の反応) の平均は大手Facebookページで 1% 程度、上手く運用しているラグジュアリーブランドのページで 5% ほどと大きな差があります。Eメールマーケティングでもそうですが、一桁代のパーセンテージ程度の反応しかないことを考えると、ターゲットに合ったファンをより集中して集めることが必要になります。バイラルアプリなどによる無差別な集客は後々意味を為さないことになります。

 

2. 貧弱なショッピング体験

ある程度作り込んだカスタムアプリでないと通常のEコマースサイトと同等の機能を持つことは難しいでしょう。黎明期にはFacebookに商品が並んだだけで目新しさがあったかもしれませんが、ASPのように簡易的に導入出来てしまうタイプのアプリですと貧弱なショッピング体験しかユーザーに与えることができません。実際に購入する一ユーザーとして見た場合、もしFacebookで欲しい商品を発見したとしても、同じものであればAmazonや楽天、もしくは当該サービスの本サイト (もちろん本サイトでのショッピング体験も貧弱であれば、前述のモールなどに流れます) で購入する方が使い勝手が良いと考えてしまいます。

 

3. Facebookとの連携不足

もっとFacebook内で商品を買う、もしくはFacebookからワンクリック先の自社サイトで買うという動機付けが必要になります。商品の隣にいいね!ボタンを付けるだけではなく、サイト内のアクションをFacebook Open Graphで共有するなどよりFacebookの中に自社サービスが溶け込むように連携していくことが肝要です。

 

Facebookコマースはまだまだ始まったばかりなのです。

 

>> Facebook に関連する他の記事

 

出典 :  Study: Only 1% of Facebook ‘Fans’ Engage With Brands – Advertising Age

 

本コラム記事は、以下の通り Venture Now に寄稿させていただきました。
Facebookコマースの3つの問題点

POSHMARKはアパレル二次流通に革命を起こせるか

POSHMARKはスマートフォンでファッションアイテムの二次流通を促進させるサービスです。Facebookアカウントとの連携を必須にするなどFacebookとの親和性は高いスマートフォンアプリです。この市場は米国…

 

POSHMARKはアパレル二次流通に革命を起こせるか

2011年末に Kaboodle のfounder、Manish Chandra氏がKaboodleを離れ創業した POSHMARK は、スマートフォンでファッションアイテムの二次流通を促進させるサービスです。今のところはiOSアプリのみの対応ですが、Facebookアカウントとの連携を必須にするなどFacebookとの親和性は高いスマートフォンアプリです。この市場は米国ではeBay (日本でのYahoo! オークションのような存在) がリーダーですが、出品の登録作業が煩雑過ぎるという難点があります。POSHMARKは、スマートフォン専用サービスであることの特長を活かし、Facebookと連携させたうえで売りたいアイテムの写真を撮りいくつかの項目を入力するだけで簡単に出品ができるなど、スマートフォンならではの手軽さがあります。

自分のクローゼットにあるファッションアイテムを見せ合うことに (Facebook認証があるため、あまり見栄えの悪いものは出さない)  、ソーシャルな仕組みを取り入れることで、単なる取引プラットフォームではないファッション好き同士の空間を演出しています。Instagram ライクな見せ方で、出品アイテムをLike、Comment、Shareできる仕組みはもちろんですが、「Posh Parties」と呼ばれるソーシャルインタラクションな機能を導入しているのが特徴的です。

「Posh Parties」とは、Seller (出品者) がテーマを決め (例えば、Louis Vuitton バッグ、leather and lace、cocktail party dressesなど) 、展示即売会を時間限定でスマートフォン内で展くことができる、フラッシュマーケティングのような機能です。ライブチャットを通してその場で質問ができたり、アイテムの特性をアピールしたりすることもできます。Sellerは数人集まって実施することもできるため、実際の友達同士で実施することもできます。今のところは、ファッションブロガーやデザイナーが利用しているが、この手法が一般ユーザーに定着するかビジネス側の演出として続くかはわかりませんが考え方は面白いと思います。

決済はクレジットカードのみで、Buyer (購入者) の支払いは一旦 POSHMARK で保留され、Seller には配送のための情報が入ったラベルが渡されます。Seller はそのラベルをプリントアウトして荷物に貼りBuyer へ直接配送、配送完了後POSHMARKで保留していた支払いをSellerに解放します。この仕組みは Braintree というペイメントゲートウェイを利用しているようです。

POSHMARKは、アイテム出品は無料にしていますが、取引毎に固定で20%のフィーを得ています。スマートフォンの中だけでとにかく簡単に売買が完結することが特長ですが、ここが運用上問題なければ、大手に対して大きなアドバンテージになるでしょう。

POSHMARKはサービスローンチにあたり、Mayfield Fund、Jeff ClavierのSoftTechVC、Ron ConwayのSV Angel、Kanwal Rekhiから350万ドルのfundingを実施しました。

 

出典 :
Poshmark Brings In $3.5 Million To Bring The Clothing Swap To Your iPhone – TechCrunch
Poshmark sees your closet as the next big e-commerce store, launches with $3.5M – VentureBeat
Poshmark Style App Turns Closets Into Marketplaces – Forbes