台湾から中国大陸EC市場への参入について

台湾の大手決済代行事業者藍新科技 NEWEBが、台湾から中国大陸への越境ECについて積極的に取り組んでいます。藍新科技は、中国の大手BtoCECモール京東商城内で台湾の商品を扱う京東商城 台灣館での決済機能を中国 …

 

台湾から中国大陸EC市場への参入について

 

インターネットコムのコラムによると、台湾の大手決済代行事業者 “藍新科技” (NEWEB) が、台湾から中国大陸への越境取引 (越境EC) について積極的に取り組んでいます。

藍新科技は、今年 (2012年) の6月、中国の大手BtoC ECモール “京東商城” (360buy.com) 内で台湾の商品を扱う “京東商城 台灣館” での決済機能を中国最大の個人向け決済プラットフォームの “支付宝” (Alipay) と提携して提供すると発表しました。

消費者である大陸ユーザーはいつも通り中国元を支付宝で支払い、その後、支付宝と藍新科技間で決済を行い、台湾のEC事業者には藍新科技より台湾ドルで支払われます。

2010年に中国と台湾間で締結した ECFA (中台経済協力枠組協定) に基づく関税引き下げも段階的に施行されてきており、越境取引での問題点とされる決済と物流の敷居が下がってきています。

それでは、日本企業にとってこの状況はどのように関連するのでしょうか? 参照したコラムによると、

藍新科技が越境取引に積極的に取り組むことは、日本企業が中国大陸向けに商品を販売する際、台湾を決済や物流面で活用する可能性が拡がるという点

に触れてます。

ただ、日本にも既にいくつか支付宝決済の導入やBtoC ECモール “天猫” (Tmall) 出店を支援し、売上分を日本円で受け取れるサービスがあります。

台湾が中国大陸市場への進出のハブとなることの決定的な利点は正直なところまだありませんが、一つの可能性として、台湾のハブ化は具現化して来ていると言えます。

 

【2012/11/22 追記】
人民網日本語版によると、中国大陸のEC事業者も台湾市場の発展を重視しているようです。”淘宝網” (タオバオ) 海外事業部総監が以下のコメントを表明しています。

タオバオ台湾のユーザー数は50万人を突破した。今年上半期、当社の台湾ユーザーによる取引額が、約50%増加した。当社は将来的に台湾金融機関および物流業者との提携を拡大し、台湾の消費者に対してより便利な決済・物流を提供する。またタオバオ台湾商盟を通じ、台湾の事業者の大陸市場開拓を促す。

 

出典 :
台湾が期待する中国向けの EC ビジネス – インターネットコム
台湾EC事業者 大陸市場進出に意欲的 – 人民網日本語版

 

台湾 EC 関連記事

台湾ECモール収入比較 – Yahoo!とPChomeで全体の5割弱

ファッションEC「 lativ 」から台湾ECでの価格設定を考える

「越境EC」をテーマとした講演資料を公開します

台湾アパレル・ファッションEC市場規模に関する図

台湾ファッションEC市場は数百億台湾ドル市場

台湾EC市場の7割はYahoo!とPChomeで占めている

2012年も台湾EC市場規模は二桁成長を維持

台湾EC市場の現状 – 大手企業がECを行なっていない理由とは

台湾EC市場で求められる決済方法とは

ファッションECにおける台湾ユーザーの購買行動

楽天台湾、成長の鍵を握る3つの分野とは

台湾の大手アパレル・ファッションEC 68選

台湾アパレル・ファッションEC事例 – lativ、東京著衣

台湾ECの市場規模・平均購買単価 – 市場の伸びは20%を維持

台湾ECに関するデータ – 市場規模・利用ユーザーなど

台湾市場へのEC進出について – 決済手段多様化の重要性

アジアの総広告費が2014年に北米地域を越えるとeMarketerが予想

eMarketerのレポートによると、アジア・パシフィック地域の総広告費が2014年に北米全体を越えると予想されています。その背景には中国の広告市場の続伸があります。来年2013年に中国は …

 

アジアの総広告費が2014年に北米全体を越えるとeMarketerが予想

eMarketerのレポートによると、アジア・パシフィック地域の総広告費が2014年に北米全体を越えると予想されています。

その背景には中国の広告市場の続伸があります。来年2013年に中国は日本を抜いて総広告費が世界で2番めに大きな市場となり、続く2014年にはインターネット広告費でも同じく日本を抜くと予想されています。

【図1】
アジアの総広告費が2014年に北米全体を越えるとeMarketerが予想 1

全世界の総広告費は、2012年で5,388億米ドル (約43兆円)、2016年には6,762億米ドル (約54兆円) へと成長すると予想されています (図1参照)。1米ドル=80円で計算。

また、全世界のインターネット広告費は、2012年で1,050億米ドル (約8兆4,000億円)、2016年には1,732億米ドル (約13兆9,000億円) へと成長すると予想されています(図2参照)。同じく1米ドル=80円で計算。

【図2】
アジアの総広告費が2014年に北米全体を越えるとeMarketerが予想 2

 

出典 :  Asia-Pacific Poised to Dominate World Ad Market – eMarketer

 

ゾゾタウンが中国事業を見直し – 中途半端な価格が浮き彫りに

ゾゾタウンを運営するスタートトゥデイ社は、2011年10月中国向けにZOZOTOWN CHINAと 淘宝商城(タオバオモール)内にZOZOTOWN 旗舰店をオープンしました。その約半年後、同社は早くも中国での事業 …

ゾゾタウンZOZOTOWNが中国事業を見直し日本ブランドの中途半端な価格が浮き彫りに

 

ゾゾタウン ZOZOTOWN を運営するスタートトゥデイ社は、2011年10月中国向けに ZOZOTOWN CHINA と 淘宝商城 (タオバオモール)内に ZOZOTOWN 旗舰店をオープンしました。そして約半年経った2012年5月下旬、同社は早くも中国での事業モデルを見直しました。通販新聞にて、現地で指揮をとる西巻氏 (走走城上海電子商務総経理) のインタビュー記事がありますので、以下の通り短く纏めました。

 

 

中国人には異常に高いと感じた価格

当初はデザインに癖があるエッジの利いたブランドも含め、中国未進出ブランドを発信するのがゾゾタウンの役割と考えた。日本からの輸入となるため価格が高くなるのは分かっていたが、結果的に中国人には異常に高いと感じたようだ。

見直し後、中国進出ブランドから現地で商品を消化仕入れする事業モデルに変えた。取扱いブランドは53ブランドから7ブランドに減って再始動。6月末には12ブランドになる予定で、商品単価は以前の半分くらい (日本円で6,000 – 8,000円程度) とした。

 

 

輸入モデルの不確実性

中国の税関で長期間商品を止められたり、どこかで商品が抜かれたりすることは日常茶飯事で、いつ手元に商品が届くのか計算できなかった。冬物のダウンを売りたいのにシーズン終わりに商品が届いたこともあり、季節商材を売るのには適さなかった。

 

 

オフラインのプロモーションを強化

オンラインプロモーションで効果があったのはリスティング広告くらい。見直し後は、オンラインだけではなくオフラインのプロモーションを積極的に実施する。

ファッションイベントに協賛したり、ブランドの実店舗と連携するなど、これまでゾゾタウンが日本でやって来なかった新しい取り組みを進める。中国で実店舗を展開するブランドを取り扱うことで、例えば、店頭で割引キャンペーンを実施するときはゾゾタウンでも連動する、など。

 

 

中国人が求めることは何か?

日本人の場合、利便性からブランドの服をインターネットで定価でも購入するケースが多いが、中国人がインターネットに求めているのは安さ。

ゾゾタウンはこれまで商品のブランドタグで勝負してきたが、中国ではそれだけでは勝てない。価格もそうだが、中国人が興味を持つ日本のエンタメや文化を服にかけ合わせることで強い商品になると考える。

 

 

関連記事 :  ゾゾタウン、マガシーク、スタイライフ – ファッションEC動向

 

 

出典 :  「日本の成功体験捨てる」──ゾゾの中国展開、次の一手は? – 通販新聞

 

日本のアパレルブランドはなぜアジアで成功しないのか

日本のブランドがアジア (特に中国で目立ちますが) で苦戦する理由の一つとして価格の問題が挙げられますが、ただ単に高いという訳ではなく、その価格帯とスタイルに合うターゲットユーザーへきちんとリーチしていないことが …

 

日本のブランドがアジア (特に中国で目立ちますが) で苦戦する理由の一つとして価格の問題が挙げられますが、ただ単に高いという訳ではなく、その価格帯とスタイルに合うターゲットユーザーへきちんとリーチしていないことが問題かと考えられます。

以下の図のように、日本も他のアジア各国も富裕層は日本ブランドではなく欧米のラグジュアリーブランドを選択します。その下の中間層は可処分所得がそれなりにありファッション文化の成熟した日本では、日本ブランドにマッチしますが、アジアではラグジュアリーブランドほどブランド力が無く価格もそれなりに高い、と感じられてしまいます。そもそも、以下の図の通り、日本人の感覚の中間層はまだ薄いのが現実です。

 

日本のアパレルブランドは何故アジアで成功しないのかについての一考察
2012年6月1日: 画像アップデート

 

例えば、ラグジュアリーブランドは、大衆に幅広く告知をする必要がないので、予算があってもテレビ広告はうちません (コスメ系商品は除きます) 。しかし、しっかりとユーザーが絞られた雑誌広告や大都市一等地に店舗をだすことで、ターゲットユーザーに強烈にアピールしています。日本ブランドもこのように集中した広告・プロモーション、チャネル政策を行わない限り他のアジアブランドに埋没してしまうことになります。

中間層の下にあるマス層に対しては、ローカルSPAが製品 (中〜高品質) 、価格 (低価格の少し上) 、広告 (製品とリンクした大々的な宣伝)、流通 (サプライチェーン・物流最適化) といった一貫した戦略で進めています。失敗するブランドは戦略の整合性が無いことはもとより、それなりの価格で売っているのにサプライチェーンが最適化されておらずビジネスモデルとしてもあまり儲からない (あまり利益が出ない) 、そして、マス層相手ではないので販売数も増えず売上も上がらないといった状態に陥ってしまうのです。

 

アジア EC

今年2013年にはアジアがEC市場規模で最大の地域となる

マレーシアはアジアEC市場の次世代リーダーか – A.T.カーニー

楽天タイランドとタイEC市場の現状

シンガポールEC市場規模とモバイルコマースの可能性

楽天が選んだアジアの進出先マレーシア EC参入の2つの考え方

アパレル・ファッションECにおけるマレーシアという市場