2014年アジアのインターネット広告市場は30%上昇

LINEで送る
Pocket

 

eMarketerによると、2014年のアジア・パシフィック地域におけるインターネット広告市場規模は30.3%上昇し、465億9,000万USドルになると見込まれている。

2012年から同地域はインターネット広告市場規模において、北米地域に次いで2番目に大きいシェアを誇っている。この傾向は2016年まで続き、2017年にはアジア・パシフィック地域はシェア36.9%と北米地域の35.7%を上回ると予想されている。

2014年世界B2C EC市場規模は150兆円 アジアが最大規模」にて、2014年にはB2C EC市場規模でアジア・パシフィック地域が北米地域を上回るだろうと予想しているが、その3年後にインターネット広告市場でも同じことが起きるようだ。

182644

 

アジア・パシフィック地域に絞って見ていくと、2014年には中国のシェアが50.9%と同地域の市場規模の半分以上を占め、次いで、日本 (19.5%) 、オーストラリア (9.7%) と続いている。

同地域においてインターネット広告市場規模が最も伸びているのがインドネシアで、2014年で98.0%と急成長しており、この傾向は以降も続いていくと予想されている。

インドネシアではオフライン広告への支出がまだまだ盛んだが、インターネットユーザーやスマートフォン利用者の数が急成長しているだけに、インターネットへの広告費シフトが起きると考えられている。

182990

 

出典 : APAC Digital Ad Spending to Jump Over 30% This Year – eMarketer | December 11, 2014

 

LINEで送る
Pocket

Comments

comments